登場人物の「性格」を描く

今回は、「性格の描き方」についてご紹介します。

細かく設定した登場人物の性格をどうやって表現するか、というところです。

大きく分けて3つの方法があります。

まずは「登場人物の言動」です。

言動は、実生活においても、人の性格をわかりやすく表面化させる要素ですね。

たとえば、「嫌がらせを受けたときの反応」で考えましょう。

● 気弱であれば、「やめてください」

● 他人に関心がなければ、「まあいいや」

● 執念深ければ、「覚えておけよ」

など、パターンはさまざまです。

原則として、小説は文字でしか伝えることができません。

つまり、性格を描く上で言動が占める割合はとても大きいのです。

登場人物が「何を言うのか」はもちろん、「どのような言葉づかいをするのか」も慎重に考えましょう。

次は、「登場人物の行動」です。

登場人物がどのような行動をとるのか、これも性格を決定付ける大きな要素になります。

行動についても「嫌がらせを受けたときの反応」で考えましょう。

● 気弱であれば、「じっと我慢する」

● 他人に関心がなければ、「気にしない」

● 執念深ければ、「復讐する」

もちろん作中では、上記のような抽象的な書き方ではなく、読み手が納得するかたちで描かなければなりません。

加えて、行動による性格の反映はストーリーに大きな影響を与えます。

登場人物の行動によって、その後の展開がガラっと変わることもめずらしくありません。

「ストーリーとの整合性がとれない」といった事態にならないよう、綿密に設定しましょう。

最後は、ほかの登場人物に説明してもらうという方法です。

「昔から○○は気が弱いからな」といったように、登場人物同士のやりとりのなかで性格を伝えてしまうのです。

読み手からすれば「紹介文」のように機能するため、性格をシンプルに表面化させる必要がある場合には、有効な手段です。

ただし、具体例がなければ説得力は生まれず、そもそも説明してもらう意味もなくなってしまうと考えるのが当然です。

やはりこの場合でも、根拠となる「行動」や「言動」をもって読み手に示すことを優先すべきでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする