「死」にかかわる表現は意図的にぼかす

書き手は、伝えるべき内容を正確な言葉に変換しようとします。

あいまいな表現を使ってしまうと、読み手に文意が伝わらず、誤解を生じさせる可能性があるからです。

正しい言葉に変換しようとする試みはとても重要で、執筆の基礎ともいえる姿勢ですね。

ただし、直接的な表現が適切であるとは限りません。

時には、表現をぼかすことも必要なのです。

原文

あの駅で、飛び込み自殺があった。

意味はわかりやすく伝わるものの、あまりにもデリカシーのない文章です。

事実としてこのような出来事があったとしても、この文から受ける印象はネガティブそのもので、気分の良いものではありません。

ネガティブな印象を隠すため、世間ではこのように伝えています。

改善文

あの駅で、人身事故があった。

出来事としての違いはなく、その内容も変わらないものの、直接的な表現がはばかれる言葉は多々あります。

そのひとつが、例に挙げた「死」にかかわる言葉です。

「死」にかかわる言葉は、忌み言葉として避けられる傾向にあります。

これを扱う場合、書き手は、マイナスイメージを与えないように言葉をコーティングしなければならないのです。

単純なわかりやすさのみに着目すれば、「飛び込み+自殺」のほうが様相が伝わるのは明白です。

しかしそこにある直接的な生々しさは、人を不快にさせます。

そのため「人身事故」とコーティングしたほうが、文章は読みやすくなるのです。

この書き方は、わかりやすい文章を書くためのセオリーに反しています。

なぜなら、あいまいな言葉を使い、受け取る側の解釈にゆだね、推して知ることを期待しながら書くからです。

ある意味では、「隠語」や「暗黙の了解」に近い形をとることになりますね。

発信する側としては、十分な理解を促すように巧く表現する必要があります。

参考になるのは、ニュース言葉です。

「重症」と「重体」や、「わいせつな行為」と「みだらな行為」など、言葉の意味する内容がそれぞれに定義づけられています。

興味がある書き手は、報道関係の文言に注目し、その意味を調べてみましょう。

わかりやすい言葉を使うことは大切ですが、そこに固執する必要はありません。

読み手のことを考えたり、内容として扱う対象をリスペクトするほうが、よっぽど重要です。

遠まわしでありながらも、その意味がしっかり伝わるように配慮した表現を使いましょう。

■ 参考

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする