「違和感」で読み手の目を引く

今回は、読み手の目を引く表現の作り方についてご紹介します。

ご存知のとおり、文章において、読み手に違和感を与える書き方は禁物です。

しかし今回ご紹介するテクニックは、その「違和感」を利用するものです。

方法としてはとても単純で、コロケーションの組み合わせを工夫するだけです。

例を見ながら考えていきましょう。

例文

少女の未来は、夢にまみれている。

「まみれる」は、どちらかといえばネガティブな言葉に用いられる表現です。

たとえば「不安」や「苦労」といった単語であれば、文脈の相性は良くなるでしょう。

例文にある「まみれる」は、「夢」という言葉にかかっています。

「夢」はポジティブであるべき言葉のため、例文の表現に違和感を覚えるわけですね。

次のように書きかえみます。

例文2

少女の未来は、夢にあふれている。

このように書きかえたことで、さきほどまでの違和感を消すことができました。

しかし同時に、おもしろみも消えてしまいました。

執筆には「ひねり」を加えたい場合があります。

たとえば「タイトル」や「キャッチコピー」を書くときに、何の変哲もない文言では読み手の目を引くことはないでしょう。

そこで、最初の例文にあった違和感を利用するのです。

もう一度見てみましょう。

例文

少女の未来は、夢にまみれている。

ポジティブな言葉を、あえてネガティブなコロケーションに組み合わせる。

このように逆説的に結ばれた表現は、文章に違和感をもたらします。

これを書き手が意図して行えば、違和感をもって読み手の目を引くことができるのです。

強引な方法に思えるかもしれませんが、このテクニックは日常生活でもよく見られます。

たとえば「美人すぎる○○」という表現にも、同様のテクニックが用いられています。

ポジティブな「美人」に、ネガティブな「~すぎる」を組み合わせることで、良い面が目立っている様子を表現しています。

コロケーションを意識していると、このような言葉選びも可能になるのです。

書き手としては、おさえておきたいポイントですね。

しかし、油断は禁物です。

このテクニックは、賛否が問われることを忘れてはなりません。

一般的な文章であれば、適切なコロケーションを選ぶことが原則となります。

今回ご紹介したテクニックは、その原則を捨てて表現しなければなりません。

あえて「違和感」をもたらすからには、書き手の「狙い」や「目的」が明確であることが前提になります。

使いどころや表現の仕方を、緻密に計算した上で行うことも必要ですね。

十分に注意さえすれば、このテクニックはさまざまなところで活用できます。

前述したように、「キャッチコピー」や「タイトル」にも使えますし、情景描写に心情を交えることだって可能です。

印象的な表現を作り出したいときには、コロケーションの組み合わせを工夫してみましょう。

■ 参考

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする