【文字の公共性】「話す」と「書く」は違う【発信のプレッシャー】

 

速く走れるからといって、サッカーの試合で活躍できるとは限りません。

競技が違えば、走る目的も、走り方も、筋肉の使い方が違ってくるからです。

 

「話す」と「書く」についても同様です。

文章の書き方として、「話すように書く」というセオリーを見聞きしたことがあるはずです。

このセオリーには一定の合理性があるものの、だからといって「話す」を「書く」を混同してはいけません。

たとえおしゃべりが上手であったとしても、文章を書くことが上手だとは限らないのです。

上記と同様、目的も、やり方も、能力の使い方もまったく異なるからです。

 

 

消えるか、残るか

「話す」と「書く」には、その性質に根本的な違いがあります。

 

まずは「話す」について。

誰かが話す内容は、基本的にその場で消えていくものです。

演説を文字起こしするなど可視化される場合はあるものの、ほとんどの会話は形を成すことなく消えていきます。

 

次は「書く」について。

「書く」ことで表現される内容は、書いた内容はすべて文字として残るものです。

保存しておく期間に差はありますが、その内容が可視化され、定着するのが「書く」という行為です。

 

もちろん、そこでの優劣や良し悪しを比較したいわけではありません。

発信する立場として、「話す」と「書く」には明確な違いがあることを覚えておきましょう。

 

 

プレッシャーに差がある

「おまえはどうしようもないやつだ」

文字として残し、相手に伝えるのであれば、ただの批判にしかなりません。

親しい間柄で声に出しながら伝えるのであれば、笑いになったり、そこから愛情を感じたりもするでしょう。

 

発信する立場として考えると、「消えるか、残るか」の違いはとてつもなく大きいものだと気づくでしょう。

声のようにすぐに消えていくものなら気楽に発信できますが、文字として残るのであればそうはいきません。

「話し手」と「書き手」の間には、発信するときに背負うプレッシャーに差があるのです。

 

 

公共性を意識する

もちろん、気軽に書ける場は存在します。

Twitterに投稿するくだらない内容や、紙に個人的なメモをする程度であれば、気負う必要はないはずですね。

ただし前項にあったように、書いた内容が文字として残ることは間違いありません。

誰かの目に入る可能性がある以上、何かを「書く」ときには公共性を意識すべきです。

 

つい最近、私がTwitterに投稿した内容に、とあるアカウントから批判される事態が発生しました。

赤鬼のアカウントを開設して以降、初めての出来事です。

批判の内容は取るに足らないものだったのですが、正直なところ嬉しかったです。

お互いの考えを引き出そうと反撃してみたものの、残念ながらそこで止まってしまいました。

 

「誤解を招く内容を書いたのは私のほうだった」と、今では反省しています。

書き手であれば、他人を納得させる書き方をしなければなりません。

きっと、このときの私は「公共性に対する意識」が薄れていたのだと思います。

 

文字として残るのであれば、やはり一定の緊張感をもつべきです。

結果がどうであれ「読まれることを考えながら書いた」という事実は、書き手の主張を担保するカギとなります。

なにかを発信するときには、公共性に対する意識をもって書きましょう。

記念と、自戒を込めて。

 

■ 参考

created by Rinker
¥2,280 (2019/09/16 07:34:52時点 Amazon調べ-詳細)

Posted by 赤鬼