書き手の経験がもたらすもの【小説の迫力】

 

作品には、書き手自身からにじみ出てくるものがあります。

それは小説の「迫力」として、読み手を惹きつける要素となります。

小説に迫力がもたらされるとき、もっとも強く影響するのは「経験」です。

今回は書き手がもつ「経験」について考えていきましょう。

 

 

経験から生まれる迫力

物語のなかに「死」を扱うとしましょう。

 

● 死にかけた経験がある書き手

● 一度も危険な目に遭ったことがない書き手

 

「死」の描き方は、両者で違っているはずです。

その細部には差がみられるでしょうし、死にかけたことがなければ描けないものがあるはずです。

もちろん「経験がないのにリアルに描く」のもスキルのひとつです。

しかし経験の有無やその程度の差が、作品に影響を及ぼすことは間違いありません。

経験からもたらされるリアリティのある内容は、迫力をもって読み手に届くでしょう。

 

 

「何もない=書くことがない」は間違い

書き手がもっている経験が凡庸だったり、そもそも特筆できる経験がなかったりすることも考えられます。

「何もない」と思っていることには、価値があります。

たとえば「一度も危険な目に遭ったことがない書き手」であれば、逆にその詳細を知りたくなるはずです。

安全に暮らすための秘訣はあるのか、スリルを感じるとしたらどんなときか、「死」に対してどう思っているのかなど、興味がわくポイントはいくつもあります。

 

自分自身に「何もない」と思っていたとしても、そこで「書くことがない」と気落ちするのは間違いです。

「経験」といえば身体的なものをイメージしがちですが、精神的な面からアプローチすればどんなことでも書けるはずです。

 

● 会社経営の経験がある/これまで一度も働いたことがない

● 犯罪に手を染めたことがある/犯罪の「は」の字も知らない

● 雪国に住んでいる/これまでの人生で「雪」を見たことがない

 

たとえ経験値が低かったとしても、その書き手から見た景色や、その境遇にいたからこそ思ったことなどがあるはずです。

「小説に書くほどのことではない」とあきらめるのではなく、自分がもっている経験の価値を見出しましょう。

それはきっと、小説の迫力につながるはずです。

 

 

「厳しく批評する目」が重要

経験を書くときに注意すべきは、「迫力の押し売り」になってしまうことです。

書き手のなかにあるものは、ついつい文字数が膨らみがちです。

私小説ならそれも理解できますが、フィクションとして書かれた作品を「自分語りの場」として利用するのはおすすめできません。

書き手が尊重すべきは、あくまでも「物語の世界」なのです。

 

だからこそ書き手が自分自身を吐露するときは、厳しく批評する目をもつことが重要です。

その経験が物語にとって不要であれば、書く必要はありません。

必要であったとしても、いざ描くとなれば冷静であることを忘れてはなりません。

自分の経験を浪費せず、物語にとってプラスになるように描いていきましょう。

 

■ 参考

created by Rinker
講談社
¥737 (2019/12/10 03:48:45時点 Amazon調べ-詳細)

創作

Posted by 赤鬼