文章は、誰にもわかってもらえない

読み手は、あなたの文章に目を通すために時間をかけます。

ときには、お金だって払うでしょう。

内容を理解するためには頭を使いますし、カロリーを消費します。

文章を読むという行為はかんたんなものではなく、さまざまなコストがかかるのです。

書き手の伝えたいという気持ちが先走ってしまうと、くどい説明をしたり、下手な例え話を折りこんだりで、余計に伝わりづらくなります。

「最後まで読めば伝わるはずだ」とタカをくくっていてはいけません。

おもしろい文章を書くためには、いかに読み手の体力を温存するかを考えることが先決です。

そこで、この言葉を肝に銘じましょう。

あなたが書く文章は、誰にもわかってもらえないのです。

この言葉が前提にあれば、書き手は冷静でいられます。

どうすればわかりやすくなるか、どうすれば読みやすくなるか、どうすればおもしろくなるかを考えられます。

論理的な説明や、適切な例えができるようになるのです。

伝えることばかりに集中してはいけません。

常に読み手のことを考えて、感動を与えられるような文章を書きましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする