話し言葉と書き言葉の違い

話し言葉を使うのは、コミュニケーションをとるときです。

目の前にいる相手に何かを伝えるために、話すことで意思疎通をはかります。

話し言葉では、声色や抑揚、顔の表情や動きなどで、細かいニュアンスまで伝えることができます。

うまく伝えられなくても、わかってもらえるまで言い直すこともできます。

書き言葉となると、そうはいきません。

書くことで伝えようとする行為は、間違いなくコミュニケーションです。

しかし、相手の顔が見えない状況で、文字だけで表現しなければならないのです。

話し言葉ほどの細かいニュアンスを伝えることはできませんし、相手が理解できなければ、その時点で内容は伝わりません。

つまり、話し言葉と書き言葉は、根本的に違うのです。

「コミュニケーションをとる」という点においては共通しているものの、表現するときの性質はまったく異なります。

これは書き言葉が、話し言葉の影響を避けている理由のひとつでもあります。

文章でなにかを伝えるためには、書き言葉としての約束事を守る必要があります。

おしなべていえば、おもしろく、わかりやすく、読みやすく書かなければならないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする