こだわるからこそ、万年筆

書くことへのこだわりを体現できるアイテムは、そう多くありません。

万年筆はそのうちのひとつで、執筆アイテムの代表格です。

しかし、決して便利なものではないのです。

万年筆は値段が高く、定期的にメンテナンスしなければなりません。

インクが乾きづらいため、書いた文字が滲んでしまうこともしばしば。

いつでも気軽に使えるボールペンとは違って、万年筆はデリケートなのです。

利便性を考えると、ただ扱いづらいだけの代物です。

しかし、本当に扱いづらいだけの代物ならば、こんなに幅広く普及しているわけがありません。

万年筆には、使った人にしかわからない魅力があります。

特にあの独特な書き味は、ボールペンにはない感覚です。

さらに、使えば使うほど自分の筆感に馴染み、どんどん書きやすくなっていきます。

万年筆は、書き手とともに育っていくのです。

万年筆に愛着が沸けば、自分が書いた文字を愛することができます。

その文字が織り成す文章は、もっと愛せるようになります。

今の時代、手書きで文章を書く機会はそう多くありません。

だからこそ、万年筆を使ってみてはいかかでしょうか。

日記、はがき、レポート、大事な人への手紙……

今よりもきっと、良いものを書けるはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする