書けない原因を考える

「思うように書けない」

物書きであれば、誰しもがこの状況に悩まされた経験があるでしょう。

書いている途中に筆が止まってしまう短期的なもの。

または、スランプのように長期的なもの。

書けない状況に陥ってしまう頻度も、それぞれですね。

そのまま放置したとして、書き手としての活動が成立するのであれば問題はありません。

いつか書きたくなったときに書けばいいのですから。

しかし、多くの場合、そんな生ぬるいことは言っていられないはずです。

「書けない」という事実を自覚しているのですから、一刻も早く筆をすすめなければいけない状況がほとんどでしょう。

状況を打開するべく、まずは原因を究明しなければなりません。

書けなくなった主な原因は、おおよそ3つに絞られます。

解決方法も含めてご紹介しますので、それぞれを見ていきましょう。

1. 書きたいことがない

そもそも、書きたいことがない可能性が考えられます。

わかりやすく表現するならば、ネタ不足ですね。

書かなければならない状況のなかにいるのに、書くべきネタがない。

これでは、ただ苦しいだけですね。

このような初歩的な問題であれば、かんたんに解決できます。

単に、インプットを増やせばいいのです。

本を読む、ニュースをチェックする、誰かと会って話す……

情報収集のアンテナを広げてネタを確保できれば、書けない悩みは解消するでしょう。

2. どのように書けばいいのかわからない

頭の中にあることを文章として表現できないという状況ですね。

これは、文章力の不足といった単純な問題ではありません。

「書きたいことはあるのに何をどうすれば良いのかわからない状況」は、書き手の熟練度に関わらず、誰にでも起こることです。

この状況を打開するために、まずは頭の中を整理しなければなりません。

頭の中にあることを、メモ用紙に書き出すことから始めましょう。

モヤモヤしたものを可視化することで、書くべきことが明瞭になります。

そうなれば、自然と筆はすすむでしょう。

3. こだわりすぎている

もっとも厄介なのは、この自分の文章にこだわりすぎているパターンです。

文章の長さや句読点の位置、扱う文言や表現方法など、細部を気にしすぎて先に進めないのです。

これは、書き手の性格による部分も大きいです。

ディティールにこだわる書き手であれば、どれだけネタが豊富でも、どれだけ文章力が豊かでも、いつまでもこの悩みがつきまとうでしょう。

解決するには、自分なりの妥協点を見つけるしかありません。

印刷された書籍ですら誤字脱字が見られるように、すべてにおいて完璧な文章など存在しないのです。

執筆のスピードと、書きあげた文章のクオリティ。

これらの整合性をとれるポイントを探りましょう。

最後に

冒頭のくり返しになりますが、書けなくなる原因は多岐にわたります。

その中でも、上記にあげた3つの原因はもっともベーシックなものといっていいでしょう。

書けなくなったことに悩んだときは、まずこれらに起因していないかを疑いましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする