登場させる人数の目安

作中に登場させるのは、どのくらいの人数がベターなのか。

これは、ストーリーの構成そのものに直結することであり、書き手は真剣に取り組まなければなりません。

今回は、作中に登場させる人数の目安をご紹介します。

1人だと難しい

登場人物が1人(主人公、もしくは語り手のみ)という作品はあるものの、ほかの人物の要素が入っていないとなるとごく少数です。

(作者は「小説」と称していても、実態として小説とは呼べない作品も含まれてきます)

エキストラ的な他人も登場せず、主人公の回想シーンもない。

その状態でストーリーを展開させていくのは、とても難しいことです。

もちろん、登場人物が1人(主人公、もしくは語り手のみ)の小説を成立させることは不可能ではありません。

ただし、淡々と何かをこなすだけの作品になるでしょう。

読み手がそれを「おもしろいと感じるかどうか」は別の話なので、この部分にもっとも頭を悩ませるでしょう。

2人だとわざとらしくなる

「1人」では成立が難しいのなら、もう1人増やせばいい。

たしかに、登場人物が2人いれば、格段に書きやすくなります。

主人公を活かしたり、ストーリーを展開させたり、読み手が知っておくべきことを説明させたりと、さまざまな役割を任せられるからです。

しかしそうした書き手の意図のほとんどは、読み手に筒抜けです。

せっかく描いた登場人物が、主人公を投影する「鏡」や「操り人形」として、都合の良い扱いにとどまるのはあまりにも芸がありません。

それぞれを引き立てる要素や、「2人でしか描けない何か」があって初めて成り立つのです。

3人であれば……

では、「主人公+2」の3人に増やせばどうでしょう。

3人くらいなら、それぞれの設定・設計にこだわった上で、ストーリーの中でキャラクターを引き立てられそうですね。

また、与えられる役割を分担できるため、登場人物にかかる負担も軽くなります。

そう考える、成立させやすいのは3人からということになります。

しかし、どのような小説を書くかにもよりますが、登場人物が3人となるとストーリーが薄くなりがちです。

ダイナミックに展開させたい場合は、登場人物以外のもので描くことも視野に入れなければなりません。

書き手のアイディア、工夫の凝らし方がポイントになるでしょう。

思い切って、5人なら?

そこで、登場人物を5人まで増やしてみましょう。

5人もいれば、描写の回数が増え、展開も多様になります。

作品に厚みをもたらすことができるでしょう。

ただし、このあたりから登場人物の管理が難しくなります。

それぞれの人格やその描き方、こなすべき役割、ストーリーとの整合性など、注意すべきポイントは多々あります。

人数が増えるにしたがって、これらすべてを個々にマネージメントしなければならないのです。

この部分を乗り越えれば、5人程度の数がもっともバランスをとりやすいかもしれませんね。

それ以上は?

たとえば、10人を超えるとなると大変です。

なぜなら、増えた人数だけ、書き手が考えるべきことも増えるためですね。

同時に、すべての登場人物を認知させるという意味では、読み手にも負担をかけることになるでしょう。

これもまた工夫を強いられますね。

とくに、ストーリーへの組み込みについては、綿密に計算した上で行わなければなりません。

そのため、おのずと中・上級者向けになります。

最後にまとめましょう。

登場人物は最低3人から、多くても5人程度に絞るのがベターです。

もちろん、これは目安でしかなく、書き手は「自由」であることが前提です。

解釈にもよりますが、世の中の小説には登場人物が「0人」のもの、なかには「500人」を超えるものだって存在するのですから。

これから小説を書きはじめる場合の参考として考えてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする