おもしろいエンタメ小説は「設定」で決まる

小説の「おもしろさ」を感じるのは、具体的にどの部分なのでしょう。

こちらの記事から一部引用して、次に挙げる作品の内容から考えてみましょう。

● たった1人の生き残りを賭けて、クラスメイト同士で殺しあうこととなった

● 全国にいる「佐藤さん」を鬼役として、命を賭けた「鬼ごっこ」が始まった

● 命令に従わなければ殺される、凄惨な「王様ゲーム」に参加することになった

これらの作品に興味をもつきっかけとなったのは、「設定」ではないでしょうか。

どの作品も、手にとって読みたくなるような斬新な設定で書かれていますね。

読み手はここに関心をもったからこそ、購入を決めたはずです。

先に挙げた記事にも書きましたが、これらのストーリーそのものに独自性があるかといえば疑問が残ります。

しかしながら、どれも先の展開を知りたくなる作品ばかりですね。

その要因は、独創的な設定にあります。

普段は想像もしないような設定の上で展開されていくストーリーは、とても魅力的に映ります。

もちろん登場人物の心理や感情、言動や行動なども、目を離せないものになります。

エンターテインメント小説を書こうとしている人は、「ストーリーの展開」や「キャラクターの描き方」にこだわりがちです。

他の作品に類を見ない独自性や、その小説でなければならない必然性などを、そこに投じようとするのです。

しかし小説において、ストーリーそのものが占めるおもしろさの割合はそれほど多くないのです。

無謀ともいえる試練にチャレンジするのは自由ですが、注力したほうが効率が良いでしょう。

おもしろいエンターテインメント小説を書きたいのであれば、こだわるべきは設定なのです。

良いアイディアが生まれ、目に見えるカタチになったとき。

きっと、世界はその作家を放っておかないでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする