小説における文体は、作家特有のものではない

他人のメールやSNSの投稿文を見たとき、「その人らしさ」を感じることがあります。

文章を読んだだけで誰が書いたかを特定できるくらい、特徴が滲み出ているものもありますね。

ここで感じ取れる何かは、その人特有の「文体」といって間違いないでしょう。

しかし、小説の執筆においては、必ずしも「書き手の特徴=文体」となるわけではありません。

なぜなら、文体は作中にある要素によって変わることがあるからです。

わかりやすい例として、小説のジャンルが挙げられます。

時代小説であれば、かたい文体。

エンターテイメント小説であれば、やわらかい文体。

私小説であれば、シニカルな文体。

ライトノベルでは、くだけた文体……など。

このように、大まかなジャンルによっても、文体の印象は変わります。

当然ながら、「語り手の性質」も無視できません。

三人称小説では、客観性を保つためにかたい文体になることが多いですね、

一人称小説の場合は、主人公の性格はもちろん、性差(男か女か)によっても違いが生じるでしょう。

このように、書き手が意図しているかどうかは別として、作中の要素は文体に影響を及ぼすのです。

こうして考えると、特定の作家が書いた文章全体を指して「○○の文体は」とくくるのはナンセンスともいえますね。

著名な作家であればなおさら、文体を書き分けることだって造作もないことなのですから。

執筆をしていると、自分の文体を発現させたくなる衝動に駆られることがあります。

あるいは、「これは自分の文体だから」と、欺瞞的になってしまうことだってあるでしょう。

文体とはそもそもあいまいな概念であり、とくに小説に関していえば、いともかんたんに変化してしまうものなのです。

つまり、「書き手特有の文体」にこだわることは悪手だといえます。

文体という幻想にとらわれず、のびのびと執筆できるよう心がけることが賢明です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする