創作

  小説に盛り込むべき「葛藤」について考えます。   「小説を小説たらしめるもの」は、それほど多くありません。 なかでも「葛藤」は、その代表格といって差し支えない概念です。     不思議なことに、広 ...

  言葉の性差について考えるにあたって、まずは「有標」と「無標」について知っておく必要があります。 言語学には、「有標(marked)」「無標(unmarked)」という考え方があります。 これらについてかんたんに説明しましょう。 ...

  匂いを詳しく表現することは、かんたんではありません。 今回は、匂いの表現について一歩下がった状態で考えてみます。   結論からいえば、詳しく説明することをあきらめてしまいます。 あえてあいまいに表現することで、また違 ...

  前回ご紹介した内容の続きです。 ● 「似たような何か」で匂いを表現する 今回は、上記の内容を発展させます。   「似たような何か」を借用するときは、イメージしやすいモノを持ちだすことで匂いを表現することができました。 ...

  「匂い」をどのように表現すべきか。 ここ部分に困っている書き手も多いのではないでしょうか。   色の描写であればすでにさまざまな表現が存在しているため、それを用いれば良いのです。 しかし「匂い」となると、色ほど繊細な ...