今回は、文章の使い分けについて考えましょう。 文章には、相手に応じた文体があります。 書き手はこれを使い分けなければなりません。   例を見てみましょう。     例文 拝啓 時下、ますますご清栄のこととお慶び ...

  今回は、文章の「かたさ(堅さ)」について考えます。 多くの場合、このかたさは取り除いたほうがベターです。   もちろん「堅実な文章」を書くことが目的であれば、とくに気にする必要はありません。 しかしながら、そうでない ...

創作

  主観の扱い方について、こちらの記事でご紹介しました。 ● 扱う主観を区別する   書き手の主観と、登場人物の主観。 これらを区別した上で、重要になるのは「登場人物の主観」ですね。   しかし、このことを頭で ...

創作

  今回は、主観の扱い方について考えましょう。 小説を執筆するにあたって、区別しなければならない主観は2つあります。   ひとつは、書き手の主観です。 これは、書き手個人の性格や、物事のとらえ方のことです。   ...

創作

  芸能人やスポーツ選手など、著名人が書籍を出版することがありますね。 なかには、あきらかにゴーストライターの手で書かれたであろう文章が並んでいるとわかる書籍もあります。 それをわかっていても、ファンはその内容を知りたがり、お金を ...