連用中止「、」の使い方

文章において、重要な役割を担うのが読点「、」の使い方です。

今回は連用中止と呼ばれる用法について、基本的な使い方をご紹介します。

連用中止とは、動詞の連用形と読点をあわせて成り立ち、二つの文を一つにまとめる役割を果たします。

テ形接続と同じような役割ですが、実際には大きな違いがあります。

連用中止では、つながった文の前後関係が区別されるのです。

例文
 よく食べ、よく眠る。

何の変哲もない文ですが、書き手側の目線でこれを分析しましょう。

食べながら寝ることはできないので、「よく食べる」と「よく眠る」は区別して考えなければなりません。

このような場合に、連用中止を用います。

別の例も見てみましょう。

原文
 彼はギターを弾いてドラムを叩いた。

「ギターを弾いた(従属節)」と「ドラムを叩いた(主節)」を、テ形接続でつなげた文です。

テ形接続では、従属節と主節が一つのかたまりとする原則があります。

つまり、原文のままでは、ギターとドラムを同時に演奏したと読み取られる可能性があるのです。

現実的に、それは不可能ですね。

このような場合には、連用中止を使います。

改善文
 彼はギターを弾き、ドラムを叩いた。

冒頭にあったように、連用中止では従属節と主節が区別されます。

こうすることで、ギターを弾き終えてからドラムを叩いたと、自然に解釈できます。

日本語には、ある程度の齟齬があっても理解できるような含みがあります。

たとえ原文のままでも、改善文での解釈をする人がほとんどでしょう。

読み手にとって、この違いは微小なものなのかもしれません。

しかし連用中止は、特に使う機会が多い用法です。

書き手として、これを無視することはできませんね。

正しく書くために、この違いを理解し、使い分けることができるようになりましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする