書くべき情報をもれなく伝える

「言わなくてもわかるはず」と、タカをくくってはいけません。

書き手にとっての「当たり前」が、読み手に通用するとは限らないからです。

書くべき情報を明らかにしなければ、内容そのものが伝わらなくなってしまいます。

原文

最近、やけに暑い日が続いている。

先日行われた人気バンドのコンサートでは、数十人の観客が救急搬送されたそうだ。

この内容では、書くべき情報が不足しています。

なにを書き足せば、より良い文章になるのでしょうか。

改善文

最近、やけに暑い日が続いている。

先日行われた人気バンドのコンサートでは、数十人の観客が熱中症になり、救急搬送されたそうだ。

原文では、何が原因で救急搬送されたのかが明確になっていませんでした。

「暑い日が続いている」との前置きがあるので、勘の良い人なら「熱中症だな」と読み取れるかもしれません。

しかし、そうでない人にとっては意味の通じない文章でしかないのです。

いずれにしても、読み手の解釈に頼る書き方は好ましくありません。

改善文のように、誰にでもわかるように書くことが重要です。

なぜ、このようなことが起こるのでしょうか。

主な原因は、「書いた気になってしまった」ところにあります。

例文から考えてみると、「暑い日が続いている」の文言で、「熱中症」という言葉を書いた気になってのでしょう。

いわば人的ミスなので、書くべき情報の不足はどんな書き手にも起こりうることなのです。

対策は、意外にも単純です。

常に読み手のことを考えて書くこと、これに尽きます。

読み手を置き去りにせず、伝わるように書けば、情報の不足は起こりえません。

書くことばかりに気を取られ、独りよがりな文章になっていませんか?

今一度、見直してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする