【小説の書き方】立派な文章でなくてもいい

小説を書くのだから、立派な文章を書こう。

難解な言葉を使いこなしながら、抜きん出た表現で読み手を魅了する。

とても良い試みです。

試しに、手元にある小説をランダムに開いてみましょう。

目に入った文を読んでください。

どうでしょうか。

「文章のプロ」を感じさせるような、素晴らしい文はありましたか?

おそらく、そこに書かれていた文章のほとんどは、「シンプルな文」ばかりではないでしょうか。

実のところ、小説のなかに「立派な文」は多くないのです。

そもそも、文単体だけで小説の素晴らしさを示すのは無謀です。

「プロであること」を感じさせる秀逸な文章があっても、全体の割合から見るとごくわずかでしょう。

心を動かす何かは、シンプルな文を組み合わせた上で生まれます。

つまり、立派な文だけで小説全体を満たそうとするのは、現実的ではないのです。

文章に関しては、あまり深追いせず、シンプルに書くだけでいい。

これから小説を書こうとする人は、立派な文章にこだわらないようにしましょう。

もちろん最低限の文章力は必要ですし、向上心も捨ててはいけません。

基礎体力となるものを持ちあわせていれば、複雑な構造もわかりやすく伝えることができます

『文章の鬼』でご紹介しているような書き方のノウハウが、その手助けになれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする