回想シーンの使いどころ

何気ない会話がきっかけとなり、過去を思い出すことがありますね。

これを小説に持ち込むと、会話の間の「回想シーン」となります。

例を見てみましょう。

例文

 「もう過去のことだ。いい加減目を覚ましたらどうだ?」

「僕にとって、まだあの事件は終わっていないんだ」

(回想シーン)十数年前、僕と彼の身に起こった出来事を思い出した。

~~~~~~

「気持ちはわかるが、今さらどうにもならないだろう」

なんとなく過去を呼び起こして、なんとなく回想する。

日常生活では何も問題ありませんが、小説の執筆において通用するかどうかは微妙なところです。

過去を回想するにあたって、読み手の納得感を得られるような明確なきっかけが必要になるからです。

その当時のことを呼び寄せるトリガーとして、「会話」はとても優秀です。

主人公以外の登場人物が回想をもたらすのですから、描く内容はある意味で強制的なものともいえるわけです。

書き手としては、とても使いやすい手法ですね。

しかし、会話の間に入る回想シーンには弱点があります。

時制が不自然になるのです。

例文をもう一度見てみましょう。

例文

A「もう過去のことだ。いい加減目を覚ましたらどうだ?」

B「僕にとって、まだあの事件は終わっていないんだ」

(回想シーン)十数年前、僕と彼の身に起こった出来事を思い出した。

~~~~~~

A「気持ちはわかるが、今さらどうにもならないだろう」

青字で書かれた、会話と会話の間。

この手法では、この「間」に回想シーンが入ることになりますね。

Bが回想しているとき、Aは何をしているのでしょう。

回想が終わるまで、ずっと静止しているのでしょうか。

もしくは、回想自体が0.001秒くらいの時間で行われたのでしょうか。

いずれにしても時制、つまり時間の進み方がおかしくなるのはあきらかです。

そして、読み手はここに違和感を覚えるのです。

違和感を取り除くための対策は、とてもかんたんです。

主人公が1人でいるときに回想するのです。

たとえば、帰路についたときの「電車に揺られながら」や「車を運転しながら」でも良いでしょうし、自宅についてからの「ご飯を食べながら」や「シャワーを浴びながら」でも良いでしょう。

多くの場合、これらは「小説の内容とは関係のない時間」ですね。

ここに回想シーンを折りこんでしまえば、無駄なく時間を使える上、生の生活を描くことができます。

もちろん、読み手に大きな違和感を与えずに、思う存分回想できるでしょう。

使いやすい手法には、罠があることが多いのです。

ちょっとした工夫で、小説はより良いものになるのです。

回想シーンを取り入れるときは、安易に考えず、使いどころを見極めましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする