最小限の構成要素で描写する

小説には、必ず、場面の描写があります。

場面を描写するにあたって、書き手自身があいまいな理解であれば、きっとその状況を読み手に伝えることはできないでしょう。

書き手は、その状況の構成要素を把握していなければなりません。

これには、5W1Hを応用しましょう。

「Who(だれが)」

「When(いつ)」

「Where(どこで)」

「What(なにを)」

「Why(なぜ)」

「How(どのように)」

書き手は、その場面を具体的に説明できるよう、作りこむ必要があります。

資料をサンプルにして書く場合は、5W1Hを読み取ることから始めることをおすすめします。

何もない状態、つまり書き手の脳内から場面を生み出すこともあるでしょう。

その場合は、5W1Hを使いながら、場面の設定を細かく練ることが前提になります。

もちろん、描写するからといって、すべて書き出さなければならないわけではありません。

小説であれば、「When(いつ)」「Where(どこで)」などをすでに前述していれば書く必要がない場合もありますし、「Why(なぜ)」を説明すると展開上の都合が悪くなることもあります。

むしろ、書き手が物事を説明しすぎると、読み手は飽きてしまいます。

読み手が求めているのは、状況の詳細説明よりも、「そこで何が起きているか」だったり、「登場人物がどう考えて動くが」だったりします。

場面の構成要素は、最小限にして伝えることが重要なのです。

描写の度に既出の情報を提示されても、読み手は困ってしまいますね。

つまり、設定を練って場面を作りこむことは重要ですが、それを伝えるのは一部で良いのです。

読み手が誤解しない程度に、構成要素を取捨選択する。

その最小単位をもって、描写として書き出す。

こうした考え方をもって執筆すれば、コンパクトかつ濃密な内容を読み手に提供できるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする