「のだ」を使った表現を使いこなす

今回は、「のだ」を使った表現について考えましょう。

「だ・である調」で書かれた文章に用いられる語尾のひとつですね。

最初に、「のだ」の特性について知っておきましょう。

「のだ」は、「だ」や「である」で締める語尾よりも伝える力が強くなります。

例文で比較してみましょう。

例文

A) あの日、彼女は僕に手を振った。

B) あの日、彼女は僕に手を振ったのだ

比べてみると、一目瞭然ですね。

Aよりも、Bのほうが強い意思をもって伝えているように感じます。

「のだ」は文章のリズムを変えることもできます。

語尾が「だ」や「である」で続くとき、「のだ」をはさむことで平坦な文章を防ぐことができるのです。

ただし、この場合は注意が必要です。

同じ語尾の連続を避けることを目的として使ってしまうと、伝える内容にばらつきが生まれることがあります。

あまり強調したくない内容に「のだ」を使うことは、書き手の本意ではないはずです。

それに加え、もしも「のだ」を乱立させてしまうと、それこそ文章が平坦化して、のっぺりとした印象になります。

せっかく使うのであれば、強調すべき箇所を見極めて伝えたほうが賢明ですね。

書き手は、強く伝える表現を使いこなさなければなりません。

「のだ」を使うときは、強調するときのみに限ったほうがベターです。

ここぞというときに内容をブーストさせる。

そのようなイメージをもって、伝えるべきところをしっかり伝えましょう。

■ 参考

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする