文章の構成方法は多種多様で、さまざまなセオリーがあります。 文章(文書)の種類によって変わることであり、書き手の方法論によって変わることでもあります。   今回は、もっとも代表的な「起承転結」で考えてみましょう。 と ...

  ほとんどの書き手は、書き出しに悩んでいるはずです。 書き出しにはいくつかの「型」があり、それらを体系的に理解することから始めましょう。 なかでも今回は、内面を描く書き出しについて考えます。 この型についての概要や、実際に扱うと ...

  文章は言葉を紡いで完成させます。 書き手にとって、言葉の機能を知っておくことはとても重要です。 大別すると、言葉には6つの機能があります。 これについて今回は、「言葉の六大機能」としてご紹介します。     ...

  かんたんな語句を選んで、その使い方も正しいのに、読みづらい文章になってしまう。 「かかり受け」の概念がない文章には、よくあることです。   読みやすい文章は、かかり受けが徹底されています。 書き手はこの概念を理解して ...

  書き出しはいくつかの型に分類できます。 今回は「状況を示す書き出し」についてご紹介します。 これは小説やエッセイによく使われる型です。 詳しく見ていきましょう。     「状況を示す書き出し」とは この型は ...

  文章には「求められるもの」があります。 これに応えるには、まず「文章の種類」や「対象となる読み手」のことを考えなければなりません。 順を追いながら具体的に考えていきましょう。     世の中には2種類の文章 ...

  「文字数の制限が設けられた媒体」で執筆することがあります。 意外にも書き手は「文字数が足りないこと」に悩むよりも、「文字数が多すぎること」に悩むことが多いのです。 どこかを削ることで微調整しなければならないとき、なるべく「文章 ...

  今回は「書き出し」について考えてみましょう。 文章において、書き手が注力すべきところは数多くあります。 そのなかでも「書き出し」は、特別な意気込みをもって臨むべき箇所です。     書き出しが「第一印象」に ...

  今回は、表現の見え方について考えます。 書き手はさまざまな表現を使いますが、読み手にはどのように見えているのでしょうか。   例を交えながら考えていきましょう。     例文 ① 私たちのチームは ...

  日本語はコロケーションが多種多様です。 多言語では一語か二語程度で済んでしまう表現でも、日本語では5種類以上の言葉を使いわけなければならないこともざらにあります。 さらに、使う表現を漢字で表記する場合は、正しいものを選ぶ作業も ...