今回は、読後感をもたらすための終わらせ方について考えていきます。 ここでご紹介するのは「余韻型」です。 この型は、書き方に過不足が生じると成立しません。 書き手は方々に気を配りながら、注意して執筆しましょう。   ...

  文章の終わらせ方について考えていきます。 今回はご紹介するのは「心情型」と呼ばれるものです。 文字どおり、文章の終わりで「書き手の心情」を開示する型です。 書き手にとっては扱いが難しい部分もあるため、ていねいに見ていきましょう ...

  書き手はロボットではありません。 文章として表現された内容には、その人格から感じていることや考えていること、見えている景色などがあるはずですね。 そこで今回ご紹介する終わりの型は、「表明型」です。 書き手個人の考えを伝えられる ...

  文章の書き方において、意識が向きやすいのは書き出しや扱う内容です。 当然それは間違いではありませんが、書き手は「文章をどのように終わらせるか」についても同様に考えなければなりません。 今回ご紹介する終わりの型は、要旨型です。 ...

  文章を書く「動機」は、内容全体に影響を及ぼします。 これについて書き手は、文章を「書き出す前」の段階で考えなければなりません。 動機は、文章の完成度はもちろん、構成や見出しを考えるときにも大きな存在感を放つからです。 以降で具 ...

  文章を読みやすくするためには、リズムを意識しなければなりません。 抑揚をつけたり、あえて単調にしたりなど、書き手はさまざま工夫をします。 今回はこの工夫の仕方について考えましょう。 文章のリズムは「語尾の変化」だけでなく、「文 ...

  文章を書くときに注意すべきなのは、紋切り型の表現です。 これを使ってしまうと、文章はイメージダウンしてしまいます。     しかし扱う文章によっては、紋切り型で書くことを求められる場合もあります。 今回はこ ...

  文章の書き方について、今回は「段落単位」にしぼって考えましょう。 段落を構築するとき、もっとも着目すべきところは「文頭」です。 なぜなら、段落の出来栄えは「文頭の書き方」で決まるからです。 順を追ってみていきましょう。 ...

  今回は、文に割り当てられた役割について考えてみましょう。 文章を細かく分析すると、それぞれの文が「なにかしらの役割」を担っていることがわかります。 おおまかにいえば「リーダー役」と「フォロワー役」です。 読みやすい文章にするた ...

  文章の構成方法は多種多様で、さまざまなセオリーがあります。 文章(文書)の種類によって変わることであり、書き手の方法論によって変わることでもあります。   今回は、もっとも代表的な「起承転結」で考えてみましょう。 と ...