「文字数の制限が設けられた媒体」で執筆することがあります。 意外にも書き手は「文字数が足りないこと」に悩むよりも、「文字数が多すぎること」に悩むことが多いのです。 どこかを削ることで微調整しなければならないとき、なるべく「文章 ...

  今回は「書き出し」について考えてみましょう。 文章において、書き手が注力すべきところは数多くあります。 そのなかでも「書き出し」は、特別な意気込みをもって臨むべき箇所です。     書き出しが「第一印象」に ...

  今回は、表現の見え方について考えます。 書き手はさまざまな表現を使いますが、読み手にはどのように見えているのでしょうか。   例を交えながら考えていきましょう。     例文 ① 私たちのチームは ...

  日本語はコロケーションが多種多様です。 多言語では一語か二語程度で済んでしまう表現でも、日本語では5種類以上の言葉を使いわけなければならないこともざらにあります。 さらに、使う表現を漢字で表記する場合は、正しいものを選ぶ作業も ...

  たったひとつの単語が、文章を台無しにすることがあります。 略語を使ったときです。   書く側の当たり前が、読む人の当たり前とは限りません。 略語の解釈に差異が生じたり、そもそも意味が通じなかったりすると、途端に読みづ ...

  エディターソフトは非常に優秀で、さまざまな言葉をすぐに変換してくれます。 しかしその優秀さは、ときに書き手を陥れることがあります。   もっとも注意すべきは、間違った日本語がそのまま入力できてしまうところです。 書き ...

今回は、外来語の誤用について考えます。 ひょっとすると、外来語の誤用は、漢字のそれよりも多いかもしれません。   外来語といっても、もはや日本語として定着している言葉も多くあります。 たとえば、このような文章です。   ...

  今回は、漢字の扱いについてご紹介します。 日本語の文章において、常に気を配らなければならないところですね。   実のところ、漢字には大きな弱点があります。   たとえば、「生物」という言葉。 これについて考 ...

  要約は、執筆のなかでもとくに難しい作業のひとつです。 書き手でありながらも、自分の文章に振りまわされることもあるでしょう。 今回は、要約するときのヒントになり得る内容をご紹介します。   要約には、大きく分けて2つの ...

  文章を構成する上で、物事を対比させるときがあります。 物事を並べて説明する必要があったり、比較することで見えてくるものがあったりと、対比はスタンダードな書き方のひとつです。   今回は、その対比について考えます。 対 ...