書き言葉と話し言葉は、似て非なるものです。 どちらの言葉づかいが適切なのか、その判断に迷ったら書き言葉を使うことをおすすめします。 文章を書くのですから、当然ですね。   しかしプライベートなやりとりをはじめ、堅くな ...

  文章の組み立てに問題があると、最後まで読まなければ意味が通じなくなることがあります。 そのような文章では、読み手に大きな負担をかけてしまいます。     原文 バーのカウンターに座っていると、突然「結婚生活 ...

  文章を書くときには、原則として、文体を統一しなければなりません。 常体(だ・である)と敬体(です・ます調)とを混ぜて使うことはできないのです。   しかし厳密にいえば、この認識は間違いです。 「文体を混在させてはけな ...

  大事な内容を先に書くことで、文章は格段に読みやすくなります。 例文をみながら考えていきましょう。     原文 あの定食屋は、量が多いのに値段が安いし、なにより作るのが早い。 お昼の休憩にも利用しやすいので ...

  読みやすいレイアウトにするためには、書くべき項目を分ける必要があります。 これまでは、感覚だけを頼りに項目分けを行っていた人も多いでしょう。   今回は項目分けの方法について、基本となる部分を紐解きます。 ...

  追伸を本文の最後に付け足すことで、より気持ちが伝わる文章になります。 いわば、文章のトッピングです。 今回は、追伸がどのような特徴をもっているかについて考えましょう。     追伸には、二つの大きな特徴があ ...

  箇条書きを使ったほうがいい場合と、そうでない場合があります。 この差はどこから生まれるのでしょうか。 例文を比較しながら考えていきましょう。     原文A  当日の会議では、ノートパソコン、前期の収支報告 ...

  文章では、起こった出来事をそのまま書き写す必要はありません。 むしろその書き方では、物足りない文章になってしまうことがあります。 そこで書き手は、文章の時間軸を操るのです。 時間軸を操ると、いったいどんな効果が得られるのでしょ ...

  文章では、内容に5W1Hを組み込むことが望ましいです。 初めに、5W1Hをおさらいしましょう。   When : いつ Where : どこで Who : だれが What : なにを Why : なぜ How :  ...

  日本語の文章において、代表的な文体は、「だ・である調」と「です・ます調」です。 あまり馴染みがない言葉かもしれませんが、このように表記すればピンとくるはずです。   ● 常体(だ・である) ● 敬体(です・ます調) ...