大事な内容を先に書くことで、文章は格段に読みやすくなります。 例文をみながら考えていきましょう。     原文 あの定食屋は、量が多いのに値段が安いし、なにより作るのが早い。 お昼の休憩にも利用しやすいので ...

  読みやすいレイアウトにするためには、書くべき項目を分ける必要があります。 これまでは、感覚だけを頼りに項目分けを行っていた人も多いでしょう。   今回は項目分けの方法について、基本となる部分を紐解きます。 ...

  追伸を本文の最後に付け足すことで、より気持ちが伝わる文章になります。 いわば、文章のトッピングです。 今回は、追伸がどのような特徴をもっているかについて考えましょう。     追伸には、二つの大きな特徴があ ...

  箇条書きを使ったほうがいい場合と、そうでない場合があります。 この差はどこから生まれるのでしょうか。 例文を比較しながら考えていきましょう。     原文A  当日の会議では、ノートパソコン、前期の収支報告 ...

  文章では、起こった出来事をそのまま書き写す必要はありません。 むしろその書き方では、物足りない文章になってしまうことがあります。 そこで書き手は、文章の時間軸を操るのです。 時間軸を操ると、いったいどんな効果が得られるのでしょ ...

  文章では、内容に5W1Hを組み込むことが望ましいです。 初めに、5W1Hをおさらいしましょう。   When : いつ Where : どこで Who : だれが What : なにを Why : なぜ How :  ...

  日本語の文章において、代表的な文体は、「だ・である調」と「です・ます調」です。 あまり馴染みがない言葉かもしれませんが、このように表記すればピンとくるはずです。   ● 常体(だ・である) ● 敬体(です・ます調) ...

  何かを説明する文章には、論理が求められます。 しかし、漠然と「論理」を組み立てようとすると、文章としての体裁が保てません。 そこで、論理的な文章を書くための三大要素をご紹介します。     1. 主張 主張 ...

  私たちが文を目にするとき、どこからその意味を読み取っているのでしょうか。 文字、品詞、表現、文体、文法、前後関係…… 難しく考えてもキリがありません。 実のところ、意味を構成する要素はたった2つしかないのです。   ...

  ひとつの見出しは、どのくらい文字数で書くのが適正でしょうか。 長すぎても、短すぎても、文章の体裁は整いません。 目安となる文字数があれば、ぜひ知りたいですよね。     ひとつの見出しに書く文字数は、400 ...