副詞がもつ役割

文章において、副詞はどのような役割をもっているのでしょうか。

今回は、副詞の働きや効果についてご紹介します。

最初に、副詞とは何かをおさらいしておきましょう。

副詞とは、動詞や形容詞、形容動詞の性質やありさまを表現する品詞です。

例文を見たほうが早いですね。

動詞の場合

原文 : あいつに騙された。

例文1 : あいつにまんまと騙された。

例文2 : あいつにやすやすと騙された。

形容詞の場合

原文 : 眠い。

例文1 : ひどく眠い。

例文2 : とてつもなく眠い。

形容動詞の場合

原文 : この辺りは静かだ。

例文1 : この辺りはかなり静かだ。

例文2 : この辺りはめっきり静かだ。

原文と例文をそれぞれ見比べてみると、副詞の存在価値の大きさに気づくはずです。

さて、書き手目線で考えましょう。

副詞の主な役割は、文章を立体的にすることです。

副詞を使ったことで、感情や情景を詳しく読み取れるようになりました。

それらが前面に浮き出ることで、文章に奥行きが生まれたのです。

多くの書き手は、感覚のみを頼りに副詞を使っています。

意図をもって効果的に使えば、より副詞を有効に使うことができるのです。

たとえば、書いている最中に「文章が平坦すぎる」と感じた場合。

副詞の使い方を工夫することで、伝えたい内容をより際立たせることができます。

どのような副詞を使うかは、書き手の表現力にかかっています。

センスやボキャブラリーが試されるという意味では、書き手は副詞の使い方に気を配らなければいけません。

これからは、しっかり意識しならがら副詞を使っていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする