見出し作りの考え方

見出しに使う文言は、書き手の悩みどころですね。

今回は、本文で使われている言葉から作り出す方法をご紹介します。

完成までは、たった3ステップです。

さまざまな作り方がある中でも、もっともかんたんな方法です。

例文

幼馴染に10万円を貸した。

「生活に困っている」とのことだったので、あげるつもりで渡した。

返済予定日から半年が過ぎ、未だに返ってきていない。

金はどうでもいいが、これまで連絡のひとつもないのはさすがに気に障る。

彼に対する信用をなくした今、「金の切れ目が縁の切れ目」という言葉を実感している。

私たちが失ったのは、お金よりも大事なものだった。

この短い文章に、見出しをつけてみましょう。

1. キーワードを抽出する

はじめに、文章の中からキーワードを抜き出します。

● 幼馴染に10万円を貸した

● 未だに返ってきていない

● 彼に対する信用をなくした

● 「金の切れ目が縁の切れ目」

● お金よりも大事なもの

内容の核となる文言を、ざっと抜き出してみました。

使えそうなものもいくつがありますね。

しかし、ここであせってはいけません。

作業をすすめていくことで、より良い見出しが生まれます。

2. 選定する

次の作業は、選定です。

選ぶときのポイントは、いくつかあります。

① 一言で内容を表しているもの

当然ながら、まったく無関係な見出しを付けることができません。

書き手がもっとも伝えたい内容を、前面に押し出せるものが良いでしょう。

① ありきたりではないもの

たとえば「金の切れ目が縁の切れ目」は、一言で本文の内容を表すことができています。

しかしありきたりすぎて、工夫の余地がありません。

このように、手垢のついた文言は使いづらいため、できるだけ避けるべきです。

③ 読み手の目を引く文言

ありきたりなものでなく、ついつい読みたくなるような見出しが理想的です。

読み手の興味をそそるようなキーワードがあれば、それを活用しましょう。

今回はお金に関わるテーマであるため、読み手の目を引きやすい傾向にありますね。

これらすべてを満たしているのがベストですが、必ずしも上手くいくわけではありません。

ベストではなく、ベターな文言を選定することがこの作業の目的です。

選んだ文言を軸にして、次の作業でブラッシュアップしましょう。

3. 改良する

より良い見出しにするため、選定した文言に少し手を加えます。

今回は3つの文言を選び、それぞれを改良して見出しを作ってみました。

● お金よりも大事なもの

⇒ 「失ったのは、お金よりも大事なもの」

「お金よりも大事なもの」だけでは、「愛」や「夢」といったポジティブなものを指しているかもしれません。

「失ったのは」までをタイトルに含めれば、内容との整合性がとれます。

なおかつ、読み手は「何を失ったのか」を知りたがるため、本文へ誘いやすくなるのです。

このような見出しを作ることができれば、合格点でしょう。

● 彼に対する信用をなくした

⇒ 「なくしたのはお金?信用?それとも……

次は、ちょっとしたテクニックを使います。

イソップ寓話の「金の斧」を彷彿させる書き方です。

なにかをモジった見出しも、ユーモアがあって読み手は目を通しやすくなります。

また、約物が効果的に使われているのもポイントです。

読み手を誘うため、単語の「?」の連続でまくし立ててから、「……」で含みをもたせます。

こうした見出しの書き方も、バリエーションのひとつとして備えておくといいでしょう。

● 幼馴染に10万円を貸した

⇒ 「幼馴染に10万円を貸した結果wwwww」

筆致とマッチしていないので、これは番外編と考えてください。

インターネット上でよく見られるタイトルですね。

品格がないように感じますが、これが意外に効果的だったりもします。

結果を知りたがる心理に作用するため、読まれる確率は上がります。

最後に、言い訳をさせてもらいます。

文章の書き方と同様、見出し作りに明確な答えはありません。

セオリーや考え方、作り方は数多くあります。

もちろん、作成した見出しに対する印象も、人によって異なります。

今回ご紹介したのは、初心者向けの方法であり、基本となる考え方の部分です。

作り方の右も左もわからない人の参考になればと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする