「思う」「考える」「感じる」を使わずに書く

すっきりとした文章を書くには、下記の3語を使わないことが望ましいとされています。

「思う」「考える」「感じる」

国語の授業で習った人もいるかもしれませんね。

「~と思います」を使わないように書きましょう、と。

今一度、このように指導した先生の意図を汲みとってみましょう。

一言で表せば、「文末表現を安易なものにしてはいけない」ということです。

例文を見ながら考えていきましょう。

原文

英語の勉強をしようと思った

参考書を取り出そうと考えたとき、テレビで英語の教育番組が始まった。

勉強を後押ししてくれているように感じた

この文には、「思う」「考える」「感じる」が盛り込まれていますね。

一読すると、文章として破綻しているところはないように思います。

ただし、良し悪しは別にして、とても主観的な文章であることは明白です。

終始、書き手の意思が反映されているような書き方がなされています。

裏を返せば、客観性がなさすぎるともいえますね。

この主観性は、まさに「思う」「考える」「感じる」の存在によってもたらされているのです。

安易にこれらの文末表現を使ってしまうと、客観性に欠ける文章になってしまいます。

ここで、この3語を使わずに書いてみましょう。

改善文

英語の勉強をするため、参考書を取り出そうとした。

そのとき、テレビで英語の教育番組が始まった。

勉強を後押ししてくれているようだった。

いかがでしょうか。

同じ内容を書くにしても、主観的な表現をなくせば印象が違ってきますね。

客観性が増すのはもちろんのこと、どこか凛とした大人な雰囲気を感じさせます。

どのような書き換えが行われたかを比較しましょう。

● 思う(思った)

原文 :「英語の勉強をしようと思った」

改善文:「英語の勉強をするため」

● 考える(考えた)

原文 :「英語の参考書を取り出そうと考えた」

改善文:「英語の参考書を取り出そうとした」

● 感じる(感じた)

原文 :「勉強を後押ししてくれているように感じた」

改善文:「勉強を後押ししてくれているようだった」

ここまで、「思う」「考える」「感じる」を使わない書き方をご紹介してきました。

これらの表現を使った文章はよく目にしますし、一概に「悪いもの」だと決めつけたいわけではありません。

しかし、文末にこの3語を使うクセはつけないほうが良いです。

かんたんに締めることができるため、書き手としては楽ですが、表現の幅が狭まることは間違いないからです。

先に触れた、主観的・客観的の区別の部分ですね。

「思う」「考える」「感じる」に頼り過ぎないようにしましょう。

■ 参考

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする