外来語の誤用

今回は、外来語の誤用について考えます。

ひょっとすると、外来語の誤用は、漢字のそれよりも多いかもしれません。

外来語といっても、もはや日本語として定着している言葉も多くあります。

たとえば、このような文章です。

原文

今日、友達とご飯を食べに行った。

彼は年俸1000万円を超えていて、一方の僕は求職中の身だ。

普段はマグロとアボガドのサラダなんて食べないけれど、全部彼のおごりだったから思いきって注文してみた。

彼に恩返しをするべく、まずは面接のシュミレーションから始めよう。

ざっと読んで違和感を覚えた書き手は、誤用に対する免疫がついているでしょう。

原文には、いくつかの誤用が見られます。

● 「アボガド」

● 「シュミレーション」

どちらの外来語も、誤用ですね。

修正しましょう。

改善文

今日、友達とご飯を食べに行った。

彼は年俸1000万円を超えていて、一方の僕は求職中の身だ。

普段はマグロとアボカドのサラダなんて食べないけれど、全部彼のおごりだったから思いきって注文してみた。

彼に恩返しをするべく、まずは面接のシミュレーションから始めよう。

● 「アボガド」ではなく、「アボカド」

● 「シュミレーション」ではなく、「シミュレーション」

このような誤用が起きる原因としては、音で覚えた言葉を使っていることがもっとも有力です。

音でなんとなく覚えた言葉が、実は間違っていたにもかかわらず、そのまま文章として書いてしまったケースですね。

対策として有効なのは、英語で書きなおしてみることです。

● アボカド : avocado

● シミュレーション : simulation

なにも、正しく発音できるように練習する必要はありません。

単純にアルファベット読みするだけで十分です。

それだけでも、「アボガド」や「シュミレーション」と書いてしまうことはなくなるはずです。

外来語は、比較的、新しい言葉が多いです。

そのため、勘違いによる誤用が起きやすいのが特徴ですね。

出版経験のあるプロや、言葉の専門家ですら、「間違った覚え方をしている外来語はない」と言い切れる人はいません。

もちろん、私自身にもこうした勘違いは多々あるでしょう。

書き手として生活する以上、見聞を広めようとする努力は一生続けるべきです。

ミスを減らすため、さまざまなところにアンテナを張っておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする