ビジネスメール

  人間ですから、何かしらのミスがあって当然です。 ビジネスシーンでは、相手のミスによって自分自身が迷惑を被ることもあるでしょう。 苦情を伝えなければならない状況になった場合、感情にまかせてそれを表現してはいけません。 例をみてみ ...

ビジネスメール

  ビジネスシーンでミスが発生すると、当然ながら迷惑をかけてしまった相手に謝罪する必要があります。 実際に会って頭を下げることが基本ですが、場合によっては、電話やメールで謝罪することもあります。   対面するにしても、電 ...

ビジネスメール

  文章にとって、なくてはならない表現のひとつが代名詞です。 しかし、代名詞の便利さに甘えてしまうと、文章は伝わりづらくなります。 とくにビジネスシーンにおいては、代名詞が思わぬ地雷となってしまうかもしれません。   例 ...

ビジネスメール

  今回は、作成したメールを確認する方法を考えます。 作成者は、メールに不備や間違いがないようしっかり見直さなければなりませんね。 正確なメールを作成するための方法を、具体的に考えていきましょう。     もっ ...

ビジネスメール

  今回は、添付ファイルの扱いについて考えましょう。 ビジネスメールにファイルを添付をする場合、注意しなければならない項目がいくつかあります。   この記事では、主に3つの項目を取り上げます。 例を交えながら見ていきまし ...

ビジネスメール

  メールのやりとりに不安を感じる原因のひとつに、「相手が受け取っている状態」を確認できないことが挙げられます。 今回は、その悩みを解消する方法を考えてみましょう。   受取を確認するために、作成者の立場から実践できる方 ...

ビジネスメール

  ビジネスでは「効率化」が強く求められます。 メールの作成であっても、その観点はしっかり引き継ぐことになります。 したがって、ビジネスメールにおいて不要なことは書くべきではないのです。   不要なこととは、おおまかには ...

ビジネスメール

  ビジネスシーンではさまざまな状況が起こり得るとはいえ、常にイレギュラーな対応を迫られるわけではありません。 むしろ、ルーティン業務が存在することからもわかるように「特定の状況」が頻発するのが自然です。 すると同時に、よく使うメ ...

ビジネスメール

  今回は、ビジネスメールにおける本文の文章量について考えます。 ビジネスシーンではさまざまな状況が起こり得るため、文章量の目安はあってないようなものです。   ひとつ確実にいえるのは、長々と書かれた本文は好まれないとい ...

ビジネスメール

  ビジネスメールを作成するとき、はっきり区別すべきは「事実」と「意見」です。 事実の場合、誰の目から見ても事実のままですね。 しかし意見には、主観や憶測など、あいまいな要素が含まれます。 これらを区別しないまま書いてしまうと、メ ...