創作

  今回は、「読み終えたあと」について考えていきましょう。   どこかの誰かが、あなたの書いた物語を読み終え、本をパタンと閉じた瞬間をイメージしてください。 そのとき読み手は、どのようなことを感じ、どのようなことを考えて ...

創作

  今回は、人物を描くときの考え方についてご紹介します。 書き手は、「社会」と「個」を分けて考えるべきです。   ほとんどの結婚披露宴では、新郎新婦の「生い立ち」を紹介する時間が設けられています。 司会を務めるフリーアナ ...

創作

  今回は、「新たな概念」を創りだすことについて考えます。 新たな概念の創造は、これまでの書き手がやってきた仕事のひとつであり、もっとも書き手らしさを感じる在り方でもあります。   もちろん、かんたんに実践できるようなこ ...

創作

  小説のテーマとして、社会問題を取り入れる場合があります。 実社会における問題をメタファーとして描く、というやり方ですね。   書き手からすれば、これは大きな挑戦です。 社会問題を扱うのですから、大量の資料を読まなけれ ...

創作

  小説で何かを表現する。 そうすることで救われるのは、他の誰でもなく「自分自身」です。   たとえば、書き手が長い期間、鬱屈した日々を過ごしていたとしましょう。 「小説を書く」という表現方法は、そのすべてを内包すること ...

創作

  小説として描く物語には、運動性があります。 この運動性を自覚しているかどうかで、執筆に対する心もちが変わってきます。   ここでいう運動性とは、「書き手自身も予測できない展開になる」という意味です。 具体例として、以 ...

創作

  世の中にはさまざまな作品が存在します。 読み手に迎合するようにわかりやすく書いた物語や、おもしろさに特化した物語も数多くあります。 一方で、壮大なテーマを扱うことを目的としていたり、作品に文化的な価値をもたらすように書かれた作 ...

創作

  今回は、小説に盛り込むネタの扱いについて考えてみましょう。   扱いといっても、良いネタであれば書けば良いでしょうし、そうでないネタは書かなければいいだけの話です。 厄介なのは、中途半端なネタです。   執 ...

創作

  小説を執筆するとき、「書きたいこと」を頭に浮かべているはずです。 この記事で扱いたいのは、「世の中に対するメッセージ」や「自分の主義・主張」といった、大きなテーマのことではありません。 「〇〇を舞台設定とする」や「〇〇する場面 ...

創作

  文章を書くにあたって、具体的な数値で示そうとする姿勢はとても重要です。 物事を数値化すれば、それは客観的なデータとして扱うことができます。 つまり、多くの人に向けてわかりやすく伝えることができるのです。   ただし、 ...