創作

  小説を一人称で書く場合、地の文の土台となるのは"主人公自身"です。 とくに「主人公の年齢」は内面を標榜する基準となり、地の文の書き方に強い影響を及ぼします。 そこで書き手が悩むのは、年齢に応じた地の文を書くべきかということです ...

創作

  物語を書くにあたって、「変わるもの」と「変わらないもの」があります。 書き手はこの概念をきちんと理解しつつ、しっかりと管理しながら物語を書き進めなければなりません。 今回は「身体的な特徴」を中心に考えていきます。   ...

創作

  一人称であれば、原則として単独の視点で書いていくでしょう。 そうなると当然ながら、物語の世界でのインプット・アウトプットはひとつになるわけです。 視点が強く限定された一人称で、物語を成立させるのは至難の業です。 今回は「物語の ...

創作

  小説において、主人公のパーソナリティは非常に重要です。 読み手はここに興味をもったり、心酔したりするわけで、「小説そのものの魅力」にもつながる要素といえます。 小説を一人称で書くメリットは、主人公のパーソナリティを濃密に表現す ...

創作

  書き手は「視点の乱れ」に注意しなければなりません。 小説全般にいえることではありますが、一人称で書く場合はその扱いがデリケートになります。 一人称小説での視点は、物語全体に共鳴する要素です。 これをないがしろにすることのないよ ...

創作

  今回は、「書き手の意識」と「登場人物の意識」について考えてみましょう。 小説を書くときには、これらを意図的に操作できるようになるべきです。 ここでは両者を区別することはもちろん、具体的な使い方もふまえてご紹介します。 ...

創作

  タイトルの付け方、決め方について悩んでいる書き手は多いでしょう。 これを「言葉の選び方」として考えてしまうとキリがなく、個々の作品によっても最適解は変わってきます。 この記事ではタイトルのに使う文言を具体的に考えるのではなく、 ...

創作

  創作するときに必要な「詩的センス」について考えましょう。 とはいえ、書き手が詩を自作できるようになったり、誰かの詩を引用する方法をご紹介するわけではありません。 読み手の心に訴えかける文章を描くことにフォーカスします。 そのた ...

創作

  小説の長編と短編について考えます。 「どこまでが短編で、どこからが長編なのか」 ここに疑問を抱えている人は多いでしょう。 今回は「書き手の目線」に重きをおいて、これを考えていきます。     長編と短編を区 ...

創作

  小説を書き始めたとき、素朴な疑問が浮かびました。   現在のことを書いているのに、なぜ「~た」を使うのか。   言い切る意味での「~だ」であれば、感覚的に納得できます。 しかし、今起きている出来事を書くのに ...