創作

  こちらを見ていない人を振り向かせるには、声を張ったり、肩を叩いたりする必要があります。 どんなに素晴らしい作品を仕上げたとしても、それが読み手の目に入らなければ意味がありません。 今回は、読み手を振り向かせる工夫について考えて ...

創作

  こちらの記事では、小説を書くことが実験であるとご紹介しました。     今回はそこでの「実験結果」について考えていきましょう。     現実世界と共有できるもの たとえば私たちは、『ドラ ...

創作

  物語の動きについて考えましょう。 小説には「運動性」があり、書き手自身が予測できないところへ物語が進む場合があります。       今回はこのメカニズムを紐解き、その扱い方について考えましょう。 ...

創作

  小説と向き合うとき、書き手はなにかしらの意図をもって書くはずです。 「○○を伝えたい」や「□□を描きたい」や「△△をわかってもらいたい」といったことですね、 書き手は抽象的な概念を織り込みながら、物語を仕上げていくわけです。 ...

創作

  小説の世界では、あらゆる局面を疑似的に体験することができます。 知らない知識に出会うこともあれば、今まで至ったことのない思考に触れられることもあります。 その疑似体験から生まれたものは、心に訴えかける力をもっています。 ...

創作

  ときに書き手は、自分の物語から学んだり、気付いたりすることがあります。 ここではおしなべて「発見」と呼ぶことにしましょう。 書き手自身が物語から発見を得られたのであれば、その小説は"良い作品"になります。 このことについて、具 ...

創作

  今回は言葉の使い方や選び方について、あらためてご紹介します。 書き手が得られる幸せのひとつは、独特の表現で読み手を「ハッ!」とさせることです。 これを実現するためには、「表現に対する考え方」を見直す必要があります。 例をみなが ...

創作

  比喩を考えるときには、表現として物足りなかったり、いきすぎていたりすることがあります。 この記事では、表現の振り幅のことを「成分」という概念で扱います。 成分に過不足があると、比喩表現は成立しなくなります。 例をもって、それぞ ...

創作

  秀逸な比喩表現で読み手をうならせることは、書き手にとってカタルシスのひとつです。 だからこそ比喩表現を考えるとき、書き手は頭を悩ませるわけですね。 今回はこの「比喩表現」について、基本的な考え方をご紹介します。   ...

創作

  「物語の結末」に悩んでいる書き手は多いでしょう。 たしかに、物語が収束するタイミングを見計らうのはかんたんなことではありません。 印象的なラストシーンを演出したいのであれば、その難易度はもっと高くなるでしょう。 今回は「物語の ...