創作

  物語において「主人公の変化」は非常に重要です。 最初から最後まで主人公の心情に変化がない物語は、人の心を動かしません。     「主人公の変化をどのようにもたらすか」は、執筆のポイントとなります。 今回は変 ...

創作

  今回は「リアル」と「リアリティ」の違いについてご紹介します。 両者は似て非なるものですから、書き手はこれらの違いを理解した上で使い分ける必要があります。 例をまじえながら考えていきましょう。     「リア ...

創作

  書き手が人間観察をするときは、さまざまな情報を一瞬で読み取らなければなりません。 今回扱うのは、「雰囲気」「細部」「意外な要素」「視線の先」の4つです。 これらの複合的な情報を収集し、想像を膨らませていきます。 詳しく見ていき ...

創作

  小説で描く人物には、「リアリティ」が求められます。 あえて浮世離れした人物を描くこともありますが、それは「人物を描く力」をすでにもっているからこそ使える手法です。 リアリティのある人物を描くには、普段から書き手の目線で人間を観 ...

創作

  主人公やヒロインの設定には力を入れるはずです。 物語に敵役がいれば、その描き方にも工夫を凝らすでしょう。 しかし「町人A」「通行人B」「先客C」など、場面に居合わせた登場人物の描き方はそっちのけになりがちです。 今回は「その他 ...

創作

  最初は「音楽」で考えましょう。 今まで聴いた音楽の中に、"サビ"から始まる楽曲があるはずです。 『世界にひとつだけの花』(SMAP)が良い例ですね。 本来いちばん盛り上がるはずのサビを頭におくことで、楽曲の序盤から聴き手を引き ...

創作

  作品の出来栄えに納得がいかず、筆が止まってしまうことがあります。 「出来栄え」を気にするということは、少なからず"作品の評価"を見据えているわけですね。 これ自体は致し方のないことですが、作品を仕上げるためにはどこかで区切りを ...

創作

  小説を執筆していると、自分の作品に対して「つまらない」と感じることがあります。 作品の印象を「おもしろい」に変えるべく、書き手はあらゆる角度から試行錯誤するでしょう。 今回はその「試行錯誤の方向性」について考えていきます。 よ ...

創作

  物語で扱う要素として「変わるもの」と「変わらないもの」があります。 今回は、精神的な特徴の変化について考えてみましょう。 精神的な特徴は、登場人物の「内側」にあるものです。 書き手がこれをどのように扱うかによって作品の在り方が ...

創作

  創作では、明記を避ける傾向にあります。 要するに「伝えたいことをはっきり書いてはいけない」のです。 創作の書き方におけるセオリーのようなもので、どこかで見聞きしたことのある書き手も多いでしょう。 今回はこのセオリーについて、実 ...