創作

  今回は、次の記事の内容を発展させてみましょう。 ■「描き方」で印象を変える これを実践的に活用していくために、例を交えながら考えてみます。   太宰治の『走れメロス』を思い出しましょう。   主人公のメロス ...

創作

  小説では、「クセのある人物」を登場させることがあります。 なにかしらの「欠点」をもっている人だったり、社会的には「クズ」と呼ばれるような人だったり。 現実の世界では煙たがられるような人物が、物語の主人公として活躍することもめず ...

創作

  今回は、小説で扱う「夢」について考えます。 この記事では、夢が作品の題材となっている場合や、夢をみる行為がなんらかのトリガーになる場合は除外します。 これらは物語に作用する要素として、具体的な目的をもっているからです。 ...

創作

  料理の美味しさを「説明する」こと。 美味しい料理を「作って食べさせる」こと。   この2つは、まるで違っていますね。 書き手として必要なのは後者で、美味しい料理を「作って食べさせる」ことです。   ...

創作

  今回は、主人公以外の登場人物の関係について考えましょう。   主人公以外の登場人物、つまり他者には「他者同士の関係性」があります。 考える必要のないくらい、当たり前のことですね。 しかしどういうわけか、小説を書くとな ...

創作

  今回は、回想について考えていきましょう。 回想を利用すれば、物語のなかにさまざまな場面を取り入れることができます。 ある意味では「隠し技」のようなもので、書き手としてはとても便利に活用できる手法です。   しかし結論 ...

創作

  今回は小説を書き終えた後の「手直し」について考えていきます。   仮に、書き手の力量をはかるとしましょう。 これを判断するに適切と思われるのは、書き上げた直後の文章です。 書き上げた直後の文章は、もっとも自然な仕上が ...

創作

  自分の小説に対して、誰かから「良い作品」と評価されることがあります。 おおまかな評価に使う表現として、とくに問題ないでしょう。   しかし、「悪い作品」と評価される場合もあります。 この「悪い作品」という表現は、おお ...

創作

  「スポーツは、何が起こるかわからないからおもしろい」 このように感じて、スポーツ観戦を楽しんでいる人も少なくないでしょう。   それとなく納得できる一方で、腑に落ちない点もあります。   たとえばサッカーで ...

創作

  多くの小説は、標準語で書かれています。 もちろん、標準語での執筆は悪いことではなく、ここで警鐘を鳴らすべき危険性は一切ありません。   ただし、ひとつだけ注意点を挙げるとすれば、標準的な作品になってしまうことです。 ...