創作

  「スポーツは、何が起こるかわからないからおもしろい」 このように感じて、スポーツ観戦を楽しんでいる人も少なくないでしょう。   それとなく納得できる一方で、腑に落ちない点もあります。   たとえばサッカーで ...

創作

  多くの小説は、標準語で書かれています。 もちろん、標準語での執筆は悪いことではなく、ここで警鐘を鳴らすべき危険性は一切ありません。   ただし、ひとつだけ注意点を挙げるとすれば、標準的な作品になってしまうことです。 ...

創作

  小説を書くときにだけ使う、独特な表現があります。 どこからか「小説専用の言葉」が沸きあがってくる現象に、覚えのある書き手も多いのではないでしょうか。 ここではそれを、"小説言葉" と呼ぶことにします。   次に挙げる ...

創作

  文体については、過去に何度かご紹介していましたね。 ■ 書き手が考える「文体」とは ■ 「表層にある文体」は作家特有のものではない   上記の記事では、表記や言葉づかいなど、表層から感じとれる文体を主軸として扱いまし ...

創作

  今回は、風景を書く意味について考えていきましょう。   前提として、すべての文章には意味をもたせるべきです。 作中で風景を描写するとき、あなたはその文章にどのような意味付けをしているのでしょうか。   なか ...

創作

  世の中にある「言葉にしづらい物事」を、「伝わる言葉」にして読み手に届ける。 これは書き手に与えられた大きな仕事のひとつですね。   たとえば、「風景」を描写するとしましょう。 ただ書くのであれば、どのような風景であっ ...

創作

  小説を書くとき、作品の「テーマ」や「哲学」について考えるかと思います。 しかし、これらはとても漠然とした概念であり、書いている自分でも何がなんだかわからなくなることもあるでしょう。 今回は、「テーマ」や「哲学」のような、作品に ...

創作

  主人公の設定を詰めるだけでは、小説のなかで人間関係を描くことができません。 他者の存在が必要不可欠です。 ■ 「他者」を軽視しない 良い作品にするため、他者が物語にもたらすものについて考えていきましょう。   もっと ...

創作

  書き手が「主人公の描き方」に注力するのは当然でしょう。 小説では「主人公=書き手の分身」として描くことが多く、このやり方であればリアルな人物像を描くことができます。   しかし、「主人公以外の登場人物」の描き方となれ ...

創作

  以前、小説の運動性についてご紹介しました。 ■ 小説は書くたびに動いていく 運動性をもたらす要因は、書き手の構想に変化があった場合や、物語でとるべき整合性が見えた場合など、いくつか挙げられます。 「登場人物の人格」も、要因のひ ...