創作

  場面を描くとき、書き手は着地点を決める必要があります。 ■ それぞれの場面に「着地点」を設定する   今回は、場面が着地したあとについて考えます。 まずは、例をみてみましょう。     例 ● 主 ...

創作

  今回は、場面を描くときの具体的な考え方についてご紹介します。   場面が担う大きな役割のひとつは、物語を繋げていくことです。 だからこそ、ひとつひとつの場面に「着地点」を設定することが重要になります。   ...

創作

  今回は、物語に意外性をもたらすための考え方をご紹介します。 内容としては、こちらの記事を発展させたものです。 ■ 読み手の憶測を把握する   憶測を把握したあと、書き手はどうすべきなのか。 まずはこれについて考えまし ...

創作

  今回は、こちらの記事の内容を発展させてみます。 ■ 読み手の心情を見据える   読み手はさまざまな心情を交えながら、物語を追っていきます。 とはいえ、読み手がいつも受け身であるとは限りません。 そこに「憶測」を絡める ...

創作

  書き手は、読み手が何を感じているのかを常に考えなければなりません。 とくに場面を描くときには、読み手の心情を見据えることが前提となります。   たとえば、「自分が部屋に何者かが侵入した」ことを描く場面があったとします ...

創作

  今回は、願望を設定するときの考え方についてご紹介します。 ■ 登場人物の「願望」から展開を考える   「登場人物の願望を設定する」というと難しく感じてしまうかもしれません。 願望とは、言いかえれば「求めるもの」です。 ...

創作

  創作には、大きく分けて2つの構成があります。 今回はその概要について考えていきましょう。   まずひとつは、作品の構成です。 これは作品の概要についての構成です。   ● どのジャンルの作品にするか ● 文 ...

創作

  今回は、読み手を物語の世界に巻き込んでいくときの考え方についてご紹介します。 書き手からすればおもしろい物語だとしても、それを読み手が実感できるとは限りません。 残念ながら、描かれるエピソードの多くが読み手にとっては「他人事」 ...

創作

  今回は、物語のテーマについて考えます。   「それってどういう内容の物語?」と聞かれたときに、書き手はどのように答えるでしょうか。 この回答を考えるときに主軸となるのが、物語のテーマです。 何について書かれたか物語で ...

創作

  おもしろいシナリオさえ書ければ、作家になることができます。 たとえ作家の文章力がズタボロであったとしても、その小説は本になってしまうのです。   あえて名前は出しませんが、編集者から「小学生以下の文章力」と言われなが ...