創作

  今回は、「物語のプロット」と「登場人物の人格」の関係について考えましょう。 物語の骨組みとなるプロット(筋書き)と、物語を動かす登場人物の人格は、常に相関しています。 いざ執筆するときは、双方の関係をみながらバランスをとらなけ ...

創作

  この記事に引き続き、人間の描き方についてご紹介します。 ■ 「人間」を描くこと   特定の人物を魅力的に描こうとするとき、必ずといっていいほどつきまとうのが「苦悩」です。     実際、小説を読ん ...

創作

  今回は、人間を描くことについてご紹介します。 方法論というよりも、概論として考えたときの「人間の描き方」についてみていきましょう。     ノンフィクションの小説を執筆するとします。 ノンフィクション作品の ...

創作

  「手記と小説は、どう違うのか」   小説を書きはじめたときに浮かぶ疑問のひとつですね。 たしかに「一人称で書かれた私小説」を読むときは、手記との区別がつきづらいものです。 読み手の立場からすれば、疑問に思うのも無理は ...

創作

  今回は、こちらの記事に続けて考えていきましょう。 ■ 物語から求められるものを理解する 書き手が果たすべき責任として、作品としての体裁を保つこと。 そして、物語から求められたものを理解した上で執筆することをご紹介しました。 ...

創作

  創作は自由です。 書き手の頭にあることを、思ったままに表現することができます。 ただし何事においても、自由には責任が伴います。 物語の世界を描いていく上で、書き手が果たさなければならない「責任」とは何でしょうか。   ...

創作

  物語を構築する際、書き手は「書く内容」と「書かない内容」を取捨選択しながら執筆しますね。 ■ 「書かない内容を決める」こと ■ 「書くと決めた内容」を作品に浸透させる   執筆ですから、「書く内容」に重きをおくのは当 ...

創作

  前回、「書く内容を決めることは、書かない内容を決めること」とご紹介しました。 ■ 「書かない内容を決める」こと 今回はこのことについて、もう少し具体的に考えてみましょう。   「書かない内容」は、設定や場面といった" ...

創作

  作品のなかで、どのようなことを描くか。 書き手は、常にこれを選択しながら執筆するでしょう。   実はこのとき、書き手が意識するかどうかは別として "とある選択" がなされています。 書く内容を決めることは、書かない内 ...

創作

  今回は、主軸となる設定について考えていきましょう。   世の中には、複数の設定を用いる物語があります。 書き手は、おもしろい設定をいくつか共存させれば、作品の魅力が増すと考えがちです。 ただし、単純に組み合わせたとこ ...