創作

  今回は「実験小説」について考えてみましょう。 実験小説には、大きく分けて2通りのアプローチがあります。   ● 前衛的な手法を使い、文学の可能性を見出そうとする小説 ●「人」「場所」「モノ」などを設定し、その条件で人 ...

創作

  物語の最初から最後まで、ドキドキすることはできません。 緊張と緩和がくり返されることで、心が動く振り幅は大きくなります。 物語に「だれ場」を取り入れることで、展開に抑揚がもたらされます。 今回はだれ場について考えていきましょう ...

創作

  小説を書くときには、書き手なりの視点をもって向き合うはずです。 いわゆる「書き手の視点」ですね。 「書き手の視点」は複眼的なもので、見る角度や距離によってさまざまなものが映りこんできます。 具体的に考えていきましょう。 ...

創作

  作品には、書き手自身からにじみ出てくるものがあります。 それは小説の「迫力」として、読み手を惹きつける要素となります。 小説に迫力がもたらされるとき、もっとも強く影響するのは「経験」です。 今回は書き手がもつ「経験」について考 ...

創作

  今回は、人物の描き方についてご紹介します。 安易に書いてはいけない要素を、3つにまとめました。 この3要素をうっかり示してしまうと、登場人物を「描く機会」が失われてしまいます。 順を追ってみていきましょう。   ...

創作

  描写についてあらためて考えてみましょう。 この記事では「描写」を概論的に扱う一方で、実践するときの心がまえにも言及します。 カギとなるのは描写する対象の「割合」です。 これをヒントに、順を追いながら考えていきましょう。 ...

創作

  文章を書くとき、さまざまな局面で取捨選択をすることになります。 とくに「小説」を書くとなれば、この作業は複合的かつ重層的なものとなります。 今回は、小説を書く場合の取捨選択について考えていきましょう。   ...

創作

  読み手は最初、そっぽを向いています。     読み手がこちらを向いたとき、書き手はその後のことを考えなければなりません。 ここで考えるべきは、「読み手と作品の距離」です。   「書き手と作品の距離 ...

創作

  こちらを見ていない人を振り向かせるには、声を張ったり、肩を叩いたりする必要があります。 どんなに素晴らしい作品を仕上げたとしても、それが読み手の目に入らなければ意味がありません。 今回は、読み手を振り向かせる工夫について考えて ...

創作

  こちらの記事では、小説を書くことが実験であるとご紹介しました。     今回はそこでの「実験結果」について考えていきましょう。     現実世界と共有できるもの たとえば私たちは、『ドラ ...