創作

  小説では、実際に起きた事件や事故、あるいは社会問題を扱う場合があります。 ひとつの要素として取り入れる場合もあれば、物語の骨格として作品全体を支える場合もあります。 あるいは、風刺小説のように隠れたテーマとして扱う場合もあるで ...

創作

  小説はさまざまな観点から分類することができます。 ジャンルの違いはもちろん、作品全体に染み込ませる要素が「娯楽」か「芸術」でも変わってきますね。 今回は「書き手の志(こころざし)」に重きをおいて、小説を分類してみます。 かんた ...

創作

  物語に流れる時間と、そこに描かれる内容の濃さについて考えましょう。 かんたんな言葉に変換すれば、「テンポ」と「密度」ですね。 書き手はこの両者を共存させ、バランスをとりながら、作品全体を仕上げていくことになります。 今回はこれ ...

創作

  物語を読ませるには、サスペンスが必要です。 ここでいう「サスペンス」とは、大枠のジャンルを意味しているわけではありません。 ミステリーやハードボイルド、スリラー作品などに限らず、どのジャンルにも取り込める要素としてのサスペンス ...

創作

  社会においてテクノロジーが発展すると、小説として描く内容に大きな影響を与えます。 とくに「コミュニケーション」に関わる部分において、書き手はこれを無視できません。 今回はテクノロジーとコミュニケーションの関係や、その扱いについ ...

創作

  今回は「実験小説」について考えてみましょう。 実験小説には、大きく分けて2通りのアプローチがあります。   ● 前衛的な手法を使い、文学の可能性を見出そうとする小説 ●「人」「場所」「モノ」などを設定し、その条件で人 ...

創作

  物語の最初から最後まで、ドキドキすることはできません。 緊張と緩和がくり返されることで、心が動く振り幅は大きくなります。 物語に「だれ場」を取り入れることで、展開に抑揚がもたらされます。 今回はだれ場について考えていきましょう ...

創作

  小説を書くときには、書き手なりの視点をもって向き合うはずです。 いわゆる「書き手の視点」ですね。 「書き手の視点」は複眼的なもので、見る角度や距離によってさまざまなものが映りこんできます。 具体的に考えていきましょう。 ...

創作

  作品には、書き手自身からにじみ出てくるものがあります。 それは小説の「迫力」として、読み手を惹きつける要素となります。 小説に迫力がもたらされるとき、もっとも強く影響するのは「経験」です。 今回は書き手がもつ「経験」について考 ...

創作

  今回は、人物の描き方についてご紹介します。 安易に書いてはいけない要素を、3つにまとめました。 この3要素をうっかり示してしまうと、登場人物を「描く機会」が失われてしまいます。 順を追ってみていきましょう。   ...