無印良品のノートとアルミ万年筆

愛用品をご紹介します。

無印良品のダブルリングノートと、同じく無印良品のアルミ丸軸万年筆です。

これらは、ネタ帳のセットとして愛用しています。

アイディアをメモしたり、マインドマップを作ったり、構成をスケッチしたり。

毎日、このコンビの力を借りて執筆しています。

少しだけ、メモに関する話をしましょう。

「書く」という動作を行う以上、頭の中にある情報をダイレクトに文字として表現することはできません。

しかし、思いついたアイディアは書き手の財産です。

それをメモとして書き留めるときは、なるべくロスがないように出力したいものです。

私は、大切なアイディアの劣化を防ぐためにも、ストレスなく書ける環境が必要だと考えました。

・電子機器を使わない

・書きやすいペン

・大きすぎず、小さすぎないノート

・思考に影響を与えないデザイン

これらの最低条件をもとに、快適な環境を探求しました。

そして、今回ご紹介するコンビにたどり着いたのです。

ノートに関しては、まとまった考えを1枚に収められるちょうど良いサイズを模索していました。

いろいろと試した結果、私の場合はA5サイズが最適だったのです。

1ページ単位で使うので、他のページが目に入らないようにダブルリングノートを選択しました。

おおっぴらに見せられる内容ではないので、ゴム留めがついているのも評価できます。

このノートは万年筆での筆記も想定されているのもうれしいですね。

書きやすいペンついては、いろいろと試行錯誤しました。

やはり鉛筆やボールペンでは、万年筆の書き味には勝てません。

普段から私が今いちばん使っている万年筆が、このアルミ丸軸万年筆です。

1000円程度の製品ですが、クオリティは高いです。

仰々しい装飾の万年筆が多い中、これはアイディアを邪魔しないシンプルなデザインです。

これだけでも、重宝する理由になります。

良い文章を書くためには、ネタ帳やネタを書くための道具にもこだわる必要があります。

今回ご紹介した無印良品の製品は、私なりの答えです。

値段も安く、入手もしやすいので、興味がある人はぜひ試してください。

【公式】無印良品

アルミ丸軸万年筆

上質紙滑らかな書き味のダブルリングノート

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする