コラム

  『表現の不自由展・その後』にまつわる騒動に触発され、この記事を書くことにしました。 あいちトリエンナーレ2019にて展覧されていましたが、あえなく中止となり、"悪い意味"で話題になりましたね。 私自身は門外漢なので、この件につ ...

コラム

  かつて、私は文章に救われました。 それは良い本に巡り会えたとか、特定の作家にコミットとしたとか、そういうことじゃありません。   文章を書き、表現することで、自分の存在を世の中に開くことができたのです。   ...

コラム

  ブログを始めたきっかけは、元々、単なる思いつきでしかなかったように思います。   そもそも「文章の書き方」を論理的・体系的に説明すること自体、「無謀な試み」としかいいようがありません。 書き手よってもそのアプローチは ...

コラム

  長かったゴールデンウィークもついに終わりを迎えますね。 みなさんはどのように過ごされたでしょうか。   私も書き手の端くれですから、完全な休日はありませんし、ゴールデンウィークなどもはや他人事のように思えています。 ...

コラム

  平成が幕を閉じ、令和の時代が始まりました。 今日という日だからこそ、元号について「書き手らしい観点」に寄せながら考えてみます。   とくに注目したいのは、元号で区切られる時間です。 元号にまつわる歴史・文化的な価値は ...

コラム

  次の文章を読んだときに、何を感じるでしょうか。   「りんごは甘酸っぱい」   りんごを食べた経験のある人は、その味をイメージすることができますね。 これといった疑いをもたないほど、かんたんで、明らかで、わ ...

コラム

  話し言葉は常に変化しています。 それに対して、書き言葉はあまり大きく変化していません。 個人間でのやりとりやインターネットの書き込みなどは別として、ある程度公的なかたちをもって読み手の目に触れる文章は、どれも似たような文体で書 ...

コラム

  書き手として活動していると、つながりのある文章を執筆することがあります。   わかりやすい例は、小説の執筆です。 原稿用紙百枚を超えるような文章をたった一日で書き終えるなど、さすがに現実的ではありませんね。 短くても ...

コラム

あけましておめでとうございます。   本日、『文章の鬼』は2歳になりました。 あなたがいつも支えてくださっているおかげです。   本当にありがとうございます。     ブログ運営には、いくつもの壁があ ...

コラム

    書き手としての活動を振りかえって 最初に、個人的な話をします。 みなさんに見せていない部分ではありますが、私はこのブログ以外でも「書き手」として活動しています。   ありがたいことに、今年はとても忙しい ...