コラム

  作家やミュージシャンのなかには、「リベラル的」「左翼的」なポジションをとっている人が多く見られます。 政治的な思想がベースになっている場合も少なくないのですが、すべての表現者がかならずしも左に寄っているわけではありません。 今 ...

コラム

  物書きは、リベラルな思想との親和性が高いように思います。 単なる個人的な所感であり、データに一切基づいていません。 けれども、これもまた個人的な所感ですが、同じように感じている人は少なくないと確信しています。 今回は物書きとリ ...

コラム

    ゴールデンウィークに突入しましたね。 開放感満載の大型連休であったはずが、新型コロナウイルス感染防止のため、"自粛"している方がほとんどでしょう。 そこで今回は、創作に挑戦する書き手が観ておくべき映像作品をご紹介 ...

コラム

  みなさん、いかがお過ごしでしょうか。 令和に入って間もなく、私たちはパンデミックを経験することとなってしまいました。 社会の混乱を身近に感じているものの、赤鬼は公私ともにコロナウイルスの影響を受けていません。 物書きであれば、 ...

コラム

  あけましておめでとうございます。 おかげさまで、『文章の鬼』は3歳になることができました。   書き始めてたった数年しか経っていないブログは、まだまだ赤ちゃんのような存在です。 辛い思いや苦しい作業なしに「未熟なブロ ...

コラム

  年の瀬。 例年どおり、この一年の活動を振り返ります。     「攻めた模索」の一年 まずはブログ運営のことから書きます。   『文章の鬼』では今年、さまざまな実験を行いました。 毎日更新にチャレン ...

コラム

  赤鬼はTwitterをやっています。 『文書の鬼』に以外にもいくつかブログを運営していて、それぞれTwitterアカウントを作成しています。 この記事では、Twitterを利用する上でネガティブに思ったことを書き連ねます。 ...

コラム

  『表現の不自由展・その後』にまつわる騒動に触発され、この記事を書くことにしました。 あいちトリエンナーレ2019にて展覧されていましたが、あえなく中止となり、"悪い意味"で話題になりましたね。 私自身は門外漢なので、この件につ ...

コラム

  かつて、私は文章に救われました。 それは良い本に巡り会えたとか、特定の作家にコミットとしたとか、そういうことじゃありません。   文章を書き、表現することで、自分の存在を世の中に開くことができたのです。   ...

コラム

  ブログを始めたきっかけは、元々、単なる思いつきでしかなかったように思います。   そもそも「文章の書き方」を論理的・体系的に説明すること自体、「無謀な試み」としかいいようがありません。 書き手よってもそのアプローチは ...