コラム

  ドイツの作家、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの格言です。 「外国語を知らない人は自国語についても無知である」 これは、外国語と比べることで、初めて自国語を客観的にとらえられるという意味です。   比較対象とな ...

コラム

  読み手に負担をかけない文章など、この世に存在しません。 文章は、誰にもわかってもらえない これはすべての文章がもつ共通項であり、例外はありません。 読み手にかける負担を最小限に抑えるためにも、「理解しやすい文章」を書く必要があ ...

コラム

  表現の多様性は、日本語がもつ特徴のひとつです。 頭でわかっていても実感したことはない、そんな人が大多数でしょう。 今回は、その特徴が顕著に現れた例をご紹介します。     「吾輩は猫である」 言わずと知れた ...

コラム

    さまざまな場面で、量と質の関係性について考える機会があります。 先に断言しておきますが、文章を書くときは、量よりも質を重視しましょう。   これは当然の話で、いくら長い文章を書いても、内容の質が低ければ ...

コラム

    散文の「散」という字には、侮蔑の意味が込められているという説があります。 一定のルールに基づいて書かれる韻文に対して、特に制約を受けずに書けるのが散文です。 読んで字のごとく、散らかっているということですね。 ...

コラム

  文章は、常に読み手のことを考えなくてはいけません。 しかし読み手の反応を予測し、それを深読みしすぎると、余計な断りを入れたくなります。     ● 伝えるべき内容 「××は、○○です。」   ...

コラム

  昔、どこかでこんな言葉を聞きました。 「文章力を鍛えるには、文章を読みまくって、書きまくることが必要だ」と。 文章を書くことに興味すら持ってなかった頃に知った言葉なので、一字一句合っていないでしょうし、そもそも誰が言ったのかも ...

コラム

  日本語の特徴のひとつに、言葉に含みを持たせて解釈を相手に委ねる表現があります。 主に話し言葉においてこの傾向が見られますが、書き言葉にも散見されます。   「~のように思われます。」 「~といっても過言ではありません ...

, , , コラム

  「心・技・体」という言葉を聞いたことがありますか? もともとは武術を学ぶときに使われていたとされる言葉ですが、現代ではスポーツの指導などで見聞きすることが多いです。   「心」は精神力、「技」は技術力、「体」は体力を ...

, , , コラム

  文章の鬼では、「良い文章」を書くための情報を発信しています。 度々出てくるキーワードですが、一体どのような文章が「良い文章」と評価されるのでしょうか。 まずはここで定義づけをしておきましょう。     ...