コラム

  もはや、「ファンレター」は死語でしょうか。 今となってはメール、もしくはSNSのダイレクトメッセージを活用してるのかもしれませんね。   この際、伝達手段はどうでもいいです。 重要なのは、好きな作家に対して気持ちを伝 ...

コラム

  先日、テレビ番組を観ていたときのことです。 出演していたタレントが、「食べれない」と発言しました。 しかし、テロップの表示では、「食べられない」となっていたのです。   このように、話し言葉では一般化しつつある表現で ...

コラム

  どのような文章においても、「説明」はつきものです。 伝える性質をもっている以上、これは避けられません。 しかし、「説明のしすぎ」は禁物です。 過度な説明は、読み手の想像力を限定してしまいます。     原文 ...

コラム

  年末年始の書く作業といえば、年賀状の作成です。 書き手としては、腕の見せどころですね。   パソコンや家庭用プリンターが広く普及した昨今、年賀状の作成はとても楽になりました。 また、さまざまなサイトで多彩なテンプレー ...

コラム

  あけましておめでとうございます。 このたび『文章の鬼』は、無事に一周年を迎えることができました。 支えていただいた皆さまに、感謝しております。 ありがとうございます。   昨日の記事でお伝えしたとおり、今年の『文章の ...

コラム

    戦いの年 支えてくれたのは…… ブログの執筆は、とても勇気が要る作業です。 編集や校正をしてくれる職人たちの目を通さず、情報を全世界に発信するのですから。   ましてやその内容は、文章術に関すること。 ...

コラム

    今回は、文章がどのような機能をもっているかについて考えていきます。 書き手として日頃から文章に触れていると、ついつい見失いそうになる部分です。 この機会に、文章の機能について見つめ直しましょう。   ...

コラム

  昨今の資料収集では、インターネットを使う場合が多いでしょう。 有益な情報を手軽に入手するには、インターネットの存在は欠かせません。   しかし絶対にやってはいけないことがあります。 コピー&ペースト、いわゆる ...

コラム

  日本には、相手の気持ちを積極的に察する文化があります。 コミュニケーションをとる相手がなにを思っているのかを、多くを語らずに汲みとることを美徳とする風潮です。 要するに、四字熟語でいうところの「以心伝心」ですね。   ...

コラム

  シーンを描写するときは、書くべき情報がいくつかあります。 結論からいうと、五感です。 読み手の感覚に訴えかける情報を盛り込むことにより、臨場感が溢れる文章になります。 例文をみて考えていきましょう。     ...