創作, コラム

  秋から春先にかけて。 主要な文学賞は、この時期に作品応募の締め切り日を設定しています。 いよいよ大詰めを迎えている書き手も少なくないでしょう。     今回は、応募に関する禁忌について考えます。 ずばり、ひ ...

コラム

他人が書いた文章を真似る。 これは、効果的に文章力を向上させる方法です。   なかでも、代表的なトレーニングは「丸写し」です。 自分の感性と合致する文章を丸写しすることで、そのノウハウやテクニックを実感として学ぶことができます。 ...

コラム

  今回は、「文体」について小難しく考えましょう。 「○○の文体は~」という表現をどこかで見聞きしたことがあるように、文体は、文章を書く上では決して無視できないものです。   しかし、この「文体」とは一体何を指すのでしょ ...

創作, コラム

  小説を書いている人は、作品の独創性にこだわります。 盗作や剽窃などに手を染めるような一部の不届きモノを除けば、書き手として自分のスタイルを大切にするのは自然なことですね。   では、独創性とはどこから生まれくるのでし ...

創作, コラム

  小説を書くことは「罪」です。 これを自覚するかしないかで、作品に対する書き手の姿勢が大きく変わってきます。 「罪」といえるであろう3つの項目について、順にご紹介します。       「ウソつき」に ...

コラム

    今回は、森友学園にかかわる文書の問題について取り上げます。 この記事を書くにあたって、個人の主義・思想はなるべく排除します。 事実をベースに、文書の在り方や今後の動向について考察していきます。   ...

コラム

  もはや、「ファンレター」は死語でしょうか。 今となってはメール、もしくはSNSのダイレクトメッセージを活用してるのかもしれませんね。   この際、伝達手段はどうでもいいです。 重要なのは、好きな作家に対して気持ちを伝 ...

コラム

  先日、テレビ番組を観ていたときのことです。 出演していたタレントが、「食べれない」と発言しました。 しかし、テロップの表示では、「食べられない」となっていたのです。   このように、話し言葉では一般化しつつある表現で ...

コラム

  どのような文章においても、「説明」はつきものです。 伝える性質をもっている以上、これは避けられません。 しかし、「説明のしすぎ」は禁物です。 過度な説明は、読み手の想像力を限定してしまいます。     原文 ...

コラム

  年末年始の書く作業といえば、年賀状の作成です。 書き手としては、腕の見せどころですね。   パソコンや家庭用プリンターが広く普及した昨今、年賀状の作成はとても楽になりました。 また、さまざまなサイトで多彩なテンプレー ...