創作, コラム

  文章は情報を伝達するためのツールです。 私たちの社会では、たくさんの情報が文章によって伝えられています。   そのなかでも異質なのは、小説の存在です。 小説は「小さく説く」と書きます。 一体、なにを説くのでしょうか。 ...

コラム

  「ペンは剣よりも強し」 ――ブルワー・リットン (『リシュリュ―、あるいは陰謀』第二幕第二場より抜粋)     有名な格言ですね。 ひょっとすると、この格言をモットーにして執筆している書き手もいるのではない ...

コラム

  「書く仕事に就きたい」と思っている方々に向けて、暗い話をします。   書く仕事は、数少ない自由な働き方のひとつです。 時間に縛られず、自分のペースで働けるこの仕事に、大きな期待を抱いている方も多いでしょう。 ...

創作, コラム

  秋から春先にかけて。 主要な文学賞は、この時期に作品応募の締め切り日を設定しています。 いよいよ大詰めを迎えている書き手も少なくないでしょう。     今回は、応募に関する禁忌について考えます。 ずばり、ひ ...

コラム

他人が書いた文章を真似る。 これは、効果的に文章力を向上させる方法です。   なかでも、代表的なトレーニングは「丸写し」です。 自分の感性と合致する文章を丸写しすることで、そのノウハウやテクニックを実感として学ぶことができます。 ...

コラム

  今回は、「文体」について小難しく考えましょう。 「○○の文体は~」という表現をどこかで見聞きしたことがあるように、文体は、文章を書く上では決して無視できないものです。   しかし、この「文体」とは一体何を指すのでしょ ...

創作, コラム

  小説を書いている人は、作品の独創性にこだわります。 盗作や剽窃などに手を染めるような一部の不届きモノを除けば、書き手として自分のスタイルを大切にするのは自然なことですね。   では、独創性とはどこから生まれくるのでし ...

創作, コラム

  小説を書くことは「罪」です。 これを自覚するかしないかで、作品に対する書き手の姿勢が大きく変わってきます。 「罪」といえるであろう3つの項目について、順にご紹介します。       「ウソつき」に ...

コラム

    今回は、森友学園にかかわる文書の問題について取り上げます。 この記事を書くにあたって、個人の主義・思想はなるべく排除します。 事実をベースに、文書の在り方や今後の動向について考察していきます。   ...

コラム

  もはや、「ファンレター」は死語でしょうか。 今となってはメール、もしくはSNSのダイレクトメッセージを活用してるのかもしれませんね。   この際、伝達手段はどうでもいいです。 重要なのは、好きな作家に対して気持ちを伝 ...