プロアマ問わず、あなたが"書き手"である以上は読み手を意識して書くはずです。 いわゆる「読み手のことを考える」ですね。 ただしこれは、かならずしも「読み手と同じ目線に立つこと」ではありません。 今回は書き手の目線について、具体 ...

  書き手のなかにある「伝えたいこと」は、なるべく説得力をもたせながら表現したいものです。 読み手に理解されなかったり、支持を得られない状況を避けるべく、書き手は創意工夫をこらすわけですね。 このとき書き手が行うのは、いわば文章の ...

  取材をする上で、「誰かに質問するチャンス」を得られることがあります。 取材対象である当事者とのアポがとれた場合はもちろん、知りたい情報をもっているであろう人物に質問する場合もありますね。 今回はこの「質問する」という行為につい ...

  不思議なことに、文章を書くときはさまざまな自分が重なって存在しています。 そのなかでも今回は「厳しい読み手」に焦点をあててみましょう。 厳しい読み手の存在は、文章の出来栄えはもちろん、書き方そのものに影響を与えます。 詳しくみ ...

  書き手はひとつのテーマに強いこだわりをもつことがあります。 特定の物事について見識を深めることができれば、書き手の活動に多くのものをもたらしてくれます。 しかし一方で、専門性が高まったゆえのジレンマを抱えてしまうこともあります ...

  現代の日本人に「読み書きができない人」はそうそういないでしょう。 義務教育を受けていれば文章を読むことができますし、紙とペンさえあれば誰にだって書くことができます。 誰でも実践できる表現方法だからこそ、書き手を目指す人からすれ ...

  今回は「ことわざ」から文章の書き方を学びましょう。 扱うことわざは『寸鉄人を刺す』です。 ここにはすべての文章に共通する重要な考え方が込められています。 ことわざの意味はもちろん、実際の執筆に役立つようにイメージしながら考えて ...

  「文章を書くことができない」という人がいます。 その理由として、「文章力がないから」の意が見え隠れすることも少なくありません。 ありがちともいえる「文章力がないから書けない」という理由付けは、間違っています。 今回はこの状況に ...

  文章を書くとき、自分のプライドに抵触するような内容を扱うことがあります。 たとえば「人に知られたくない内容」を文章として書く場合ですね。 今回は「プライドを守るべきか」の選択を迫られたとき、書き手がどのように判断すべきかについ ...

  今回は経済的な視点から文章の書き方考えていきます。 キーワードは「経済性」です。 経済性とは「費用に対して得られる収益の度合い」を指します。 この考え方を執筆に落とし込んでいきましょう。     表現の経済 ...