「文章を書くことができない」という人がいます。 その理由として、「文章力がないから」の意が見え隠れすることも少なくありません。 ありがちともいえる「文章力がないから書けない」という理由付けは、間違っています。 今回はこの状況に ...

  文章を書くとき、自分のプライドに抵触するような内容を扱うことがあります。 たとえば「人に知られたくない内容」を文章として書く場合ですね。 今回は「プライドを守るべきか」の選択を迫られたとき、書き手がどのように判断すべきかについ ...

  今回は経済的な視点から文章の書き方考えていきます。 キーワードは「経済性」です。 経済性とは「費用に対して得られる収益の度合い」を指します。 この考え方を執筆に落とし込んでいきましょう。     表現の経済 ...

  書き手がなにかを伝えようとするとき、考えが及びやすいのは「伝え方」です。 今回ご紹介するのは、伝え方や書き方といった文章が「開いていく方向」ではありません。 「掘り下げる方向」に目を向け、文章を書く動機について考えます。 書き ...

  書き手が知識やテクニックに頼るだけでも、"文章"は書けるでしょう。 ただしいくら読みやすくわかりやすい文章を書いたとしても、読み手の心に響くかどうかはわかりません。 その不安をカバーするためには、文章を「贈り物」として捉えるこ ...

  「文章を書く」というのは、情報を伝達する手段のひとつです。 書き手は、情報を受け取る読み手を見据えながら内容を文章として紡いでいくわけですね。   今回の内容は、実際に書き出す前の「準備段階」のことになります。 伝達 ...

  文面からにじみ出る「書き手の個性」は、とてもあいまいな概念です。 読み手でいるときには知覚できるものの、書き手になった途端に見えなくなってしまうものです。 ましてや、書き手がねらったとおりに示すことができるものでもありません。 ...

  文章を読んでいると、難しい言葉と出会うことがあります。 これまで知らなかった表現を目にしたとき、その意味や使い方を学び、自分のものとして吸収するのは良いことです。 しかし自分の文章で難しい言葉を使うとなれば、書き手は慎重になる ...

  長文を書いたり、書類作成に追われりすることがあります。 そのとき書き手は、文章の「本質」や「価値」を忘れがちです。 長い文章にこだわったり、体裁を整えたりすることに重きをおくのではなく、「文章の素」を見直してみましょう。 ...

  速く走れるからといって、サッカーの試合で活躍できるとは限りません。 競技が違えば、走る目的も、走り方も、筋肉の使い方が違ってくるからです。   「話す」と「書く」についても同様です。 文章の書き方として、「話すように ...