文末が変われば、文章の意味や読み手に与える印象も変わってきます。 その表現は「断定」「推量」「伝聞」の3つに大別できます。 これらを区別して書かなければ、まとまりのない文章になってしまいます。     ●  ...

  文章は、読み手になんらかの負荷をかけます。   読解力はもちろんのこと、文字を追う目や姿勢を制限し、読み進めるための時間を拘束します。 この負荷が大きければ大きいほど、ストレスを与えてしまいます。   読み ...

  車を運転しながら音楽を聴くことはできますが、小説を読むことはできません。 「文章を読む」という行為は、ながら作業ができないのです。   さらに、文章である以上、与えられる情報は文字に依存しています。 音楽や映画のよう ...

  文章を作成する上で、執筆の際に生じるミスは極力避けたいものです。 初歩的な例は、誤字や脱字です。他にも、誤変換をしていたり、そもそも言葉の使い方が間違っていたり、気をつけなければいけないことは多々あります。   ウェ ...

  自分の気持ちや考えを文章で表現するのは、すばらしいことです。 ただし、それを押し付けてはいけません。 良い文章を書くためには、自分を律する必要があります。     例文1  タバコはくさい!喫煙者なんてみん ...

  作成するペルソナが具体的であればあるほど、誰に向けて何を書くのかが明確になります。 広く薄めたものではなく、充実した色濃い内容を書くことができます。   ペルソナをかんたんに作成する方法は、知り合いをモデルにすること ...

  ここでは実際に、ペルソナを作成します。 仮に、「100円ショップの便利グッズ」について、商品紹介の記事を書くとします。     ペルソナ その1 ① 大学生 ② 専業主婦 ③ ビジネスマン   ...

  文章を書くときに時間がかかってしまう人は、書きながら内容を考えている可能性が高いです。   「書くこと」と「考えること」を同時進行してしまうと、書きあがるまでに時間がかかるだけでなく、文章の質も低下します。 ...

  文章を書いて何かを発信するとき、万人受けを狙うのはおすすめできません。 無難で平凡な、密度の薄いものを書いてしまう可能性が高いからです。 良質な文章に仕上げるためには、ターゲットを絞ることが最優先です。   ...

      ここに2通のラブレターがあります。 想いがこもっているのは、どちらのラブレターでしょう。   A. 10人に宛てたラブレター B. 1人に宛てたラブレター   Aの場合は、10人 ...