文章には、敷居があります。 難しい言葉を使った真面目な文章は、どことなく敷居が高いように感じてしまいます。   もし同じ内容であれば、気軽に読み進められる文章のほうが良いですよね。 今回は、文章の敷居を下げる方法をご ...

  よく見聞きする、ニュアンスの違いについて考えます。 そもそも、ニュアンスの違いが生まれる要因は、何なのでしょうか。   最初に答えを提示しておきます。 そのもっとも大きな要因は、「てにをは」の使い方です。 例文を読ん ...

  文の並べ替えは、より伝わる文章にするために有効な手段のひとつです。 たとえ書いてある内容は同じでも、その順番しだいでは文章の伝わり方が変わってきます。 例文をみながら考えていきましょう。     例文1 私 ...

  何を書いているのか自分でもわからなくなることはありませんか? 内容があっちこっちに脱線してしまったり、結論が本筋からずれたところに着地してしまったり。   その原因の多くは「一文一意」の原則を守れてないところにありま ...

  義務として書かされる文章は、思うように筆が進みません。 ボリュームが足りずに、文字数を稼くことばかり考えてしまうでしょう。 しかしそのような書き方では、文章の質が下がってしまいます。   ● 句読点を多用する ● わ ...

  書くべきテーマによっては、思ったよりも文字数が少なくなってしまうことがあります。 無理に文字数を増やそうとしても、薄っぺらな文章になってしまいます。 それを防ぐためには、内容を充実させながら文章を膨らませる必要があります。 誰 ...

  時々、書きすぎた文章を目にすることがあります。 必死に伝えようとするあまり、書かない方がいいことまで内容に含めてしまうのです そのような文章は、一方的な決めつけになりがちです。   そもそも、書きすぎた文章とはどうい ...

  自分の文章を推敲するとき、ただ漠然と読み直してはいませんか? それでは、効率が悪くなってしまいます。 どのような箇所に注目して推敲すべきか、5つに絞ってまとめました。       ① テーマがはっ ...

  物事を漠然と表現すれば、あいまいに伝わってしまいます。 そこで数値やグラフを用いて表現すれば、明確な文章になりますね。 しかし数値で表すことができない言葉であれば、どのように表現すれば良いのでしょうか。   ...

  結論を導き出すときには、注意しなければならないことがあります。 それは、同じ内容を繰り返さないようにすること。   まずは例文を見ながら考えていきましょう。 ここでは、三つの接続詞、「結局」「要するに」「つまり」を使 ...