今回は、格助詞「が」についてご紹介します。 文法上の区分なども説明しますが、より実践的な使い方に重きをおくつもりです。 「が」のもつ機能や読み手への伝わり方、ほかの語との関わりなどを中心に、「は」との違いをまじえながら考えてい ...

  今回は「受動態」と「能動態」の使い分けについて考えていきましょう。 ここでは「文法的な正しさ」というよりも、「読み手に与える印象」を操作するための実践的な内容をご紹介します。 巧く使いこなすことで、その印象を意図的に操作するこ ...

  書き手が「伝えたい」と思うその動機は、文章の書き方にも強く影響します。 文章を軌道修正するときの指標として、動機が大いに役立ちます。 執筆中に迷ってしまったとき、即効性のある薬となるでしょう。 今回は「動機が実際の執筆にどのよ ...

  比喩は、読み手に物事の様子伝えるために使うのであって、比喩を使うこと自体が目的ではありません。 しかし比喩に「書き手の工夫」が必要であることは間違いなく、多くの書き手がこれを独創的に描くことを目指すでしょう。 今回は「独創的な ...

  文章には「使わないほうがいい」とされる表現があります。 その代表格が「紋切り型の表現」です。 今回は紋切り型の表現の例を見ながら、使わないほうがいい理由について考えていきましょう。     「紋切り型の表現 ...

  文章の内容を引っ張るのは「文頭」です。 最初に書かれた内容は、残響のようなものを放ち、その後の文章へと作用します したがって書き手は、文頭に重きをおくべきです。 今回は文頭の書き方について考えていきましょう。   ...

  「触覚」は、五感のなかでもっとも体感性の高いものです。 この特性を活かしながら文章に盛り込めば、書き手はその内容を強調することができます。 それは直感的な強調というよりも、読み手に与える印象をコントロールするという意味での強調 ...

  書き方についてご紹介するとき、概念として「視点」や「目線」といった言葉を使っています。 しかし今回ご紹介するのは、物理的な意味での「視線」です。 書き手の視線を下げることで、実感を伴う文章を書くことができるようになります。 文 ...

  文章には「意味の含有率」という概念があります。 あなたが書いた文章には、どの程度の意味が込められているでしょうか。 正確な数値として「○○パーセント」と表すことができなくてもかまいません。 文章に込めた意味を読み取って、「薄い ...

  書く内容に迷ったり、悩んだりすることがありますね。 書き手にとっては非常に苦しい状態です。 そんなときは「5W1H」を使ってみましょう。 すると、辛く苦しい「書けない状態」から脱却することができます。   ...