今回は、触覚について考えましょう。   人間は、何かに対して「触りたい」と思うことがあります。 動物に触れてみたいとか、やわらかいクッションを抱きたいとか、興味があるモノを手にとってみたいとか。   時おり、この欲求は犯 ...

  文章において、五感を折りこむことは重要です。 「視覚」「聴覚」「触覚」「味覚」「嗅覚」をふんだんに使って、読み手に訴えかける。 伝えるためには、欠かせない要素ですね。   しかし今回のテーマは、五感ではありません。 ...

  文章は、認識を共有するための「一般論」になってしまうことがあります。 上位概念をもとに展開すれば、「例外」が少なくなる上、より多くの人の共感を得やすくなるからです。 しかし、これでは内容が漠然としてしまうのもまた事実です。 ...

  接続詞は、文章をスムーズに読みすすめるためのアイテムのひとつです。 しかしこれを乱用すると、文章はかえってわかりづらくなってしまいます。   まずは例文を読んでみましょう。     原文 就職活動 ...

  すっきりとした文章を書くには、下記の3語を使わないことが望ましいとされています。 「思う」「考える」「感じる」   国語の授業で習った人もいるかもしれませんね。 「~と思います」を使わないように書きましょう、と。 ...

  文章における「強調」と聞いたとき、どのようなことをイメージするでしょうか。 特定の語句やフレーズにスポットライトをあてるような書き方を想像するかもしれません。 今回は、少し変わった方法をご紹介します。 強調するのは、文そのもの ...

  ひんぱんに使われる助詞、「など」の使い方を考えていきましょう。 「など」は、主に2つの意味合いで使われます。     「など」を使う場面 ① 程度を表すとき  例 : 仕事は、WEBデザインやコンサルなどを ...

  物事には例外が存在することを忘れてはいけません。 言い切ることを意識しすぎるあまり、文章の内容が矛盾していることが多々あります。 次のような書き方は、よく見られる間違った例です。     原文 立地条件の良 ...

  夢中で執筆していると、文章をふらつかせてしまうことがあります。 たとえば、脱線をして本筋からそれてしまう状況ですね。 今回は、たとえふらついた文章でも読み手を納得させる書き方をご紹介します。     例文 ...

  読み手の目を引く手段は、数多くあります。 今回ご紹介するのは、書き手と読み手、双方にとってなじみのない表現を使う方法です。 これをうまく使えば、読み手の意識を文章のなかに引き込むことができます。     例 ...