描写において無視できないのが、「色の表現」です。 視覚で得られる情報としては、造形の表現と並んで、重要度の高い要素です。     たとえば、空に浮かぶ「雲」を描写するとしましょう。 色味を交えて表現するので ...

  今回は、読み手の目を引く表現の作り方についてご紹介します。   ご存知のとおり、文章において、読み手に違和感を与える書き方は禁物です。 しかし今回ご紹介するテクニックは、その「違和感」を利用するものです。 ...

  文章には、子どもっぽい表現を使うべきではない場合があります。 これは、なにも「書く仕事」に限ったことではありません。 一般的な社会人であれば、自分の文章が稚拙でないように見せる必要があるのです。   例を見ながら考え ...

今回は、コロケーションの組み合わせについて考えます。   ● 連語について ● 相性の良い言葉を選ぶ ● コロケーションの表記に気をつける   これまでご紹介したとおり、コロケーションは自然な表現を選ぶことが前提となりま ...

  今回は、「~たり」を使った表現について考えます。 普段から何気なく使ってしまいがちな表現ではありますが、書き手は気をつけなければなりません。 「~たり」を使った表現には基本ルールがあります。 その理由もふまえて、ご紹介します。 ...

  執筆において悩ましいのは、敬語や謙譲語の扱いです。   目上の相手に宛てた手紙など、あきらかに敬意を示す必要があるとき。 このような場合は、当然ながら、正しい敬語や謙譲語、尊敬語を使うべきですね。   意外 ...

  今回は、「のだ」を使った表現について考えましょう。 「だ・である調」で書かれた文章に用いられる語尾のひとつですね。   最初に、「のだ」の特性について知っておきましょう。 「のだ」は、「だ」や「である」で締める語尾よ ...

  今回は、「上・中・下」を使った表現についてご紹介します。 考えるべきは、文章にとってこの表現が必要かどうかです。   この時点では、まだピンときていないかもしれませんね。 「上・中・下」を使った表現とは、次のような文 ...

  どのように表現すれば、そのモノの様子が読み手に伝わるか。 書き手は、これを考えながら描写する必要があります。   今回は、モノを描写するときに、書き手が着目すべきポイントをご紹介します。     ...

  読み手の心に残るような、キャッチーな表現。 文章のなかにこうした表現を使うには、コピーライターのような感性が必要です。   「感性」が特別な能力であることは否定しません。 しかし、実のところ、印象的な表現にはちょっと ...